まず、コアというのは使徒とエヴァンゲリオンが持つもので、弱点でもあります。 エヴァが使徒を殲滅するときには必ずコアが壊され、このコアが壊されると使徒は活動を停止。 現在いろんなところでエヴァのコラボが出ていて、地上波でも放送されているので、エヴァファンとしてはとても楽しいですね。, コア化に関してはよくわかっていない謎の部分も多いのですが、完結のシン・エヴァンゲリオンでも確実に、重要な要素になってきます。, 今回は現在コア化についてわかっていること、そして私なりの解釈などを含めた考察をしていきたいと思います。, コア化というのは、このようにエヴァや使徒の中にあるコアのように、赤く染まる現象のことを表しています。, 新劇場版では、セカンドインパクト後の世界から海は赤くなっていて生命の住める環境ではなくなっています。またサードインパクト後からは、大地も赤くなり、地球全体がこのコア化した状態になっています。, シン化したエヴァに触れる、またはセカンドインパクトに出てきたアダムスなどに触れることで発生していると思われます。, これが分かるのはQで13号機にマリが触れた際にも手が赤くなり、侵食されているような描写があることです。, また使途に関しては、第8使徒との戦闘で零号機がコアを掴んだ際にもこのような描写があります。, これにはどちらも痛みが伴っており、おそらくエヴァパイロットとエヴァではないと死んでしまうくらいの衝撃だと考えられます。, また、セカンドインパクトインパクトで出てきたアダムスによって触れられた海はは赤く染まってしまっているのだと考えています。なのでセカンドインパクト後は赤い海と普通の大地という状況になっています。, ガフの扉やバラルの扉が開かれている下はこれらの干渉を受けていると仮定すると、セカンドインパクトではガフの扉が開かれているので、おそらくこの範囲の下は赤く染まった大地になっていると思われます。, そしてサードインパクト後では完全に赤い大地になっていましたこれはおそらく、初号機由来のバラルの扉か、サードインパクトの続きを行ったMark.06のガフの扉が地球全体に広がり干渉してしまったのだと思われます。, つまりシン化したエヴァに触れるか、アダムスのような存在に触れる。またはそれらが開くガフの扉やバラルの扉に干渉した時にコア化すると思われます。, この存在はQの最後にアスカが計測器のようなものを見ながら「L結界密度が高すぎる」と言っていたところで初めて登場します。, おそらくこのLというのはLILIN、つまり人間のことを指していて、人間を遠ざける結界、つまり人間がその場に長時間いると汚染され死んでしまう環境にあると思います。, シンの冒頭でもリツコが「L結界密度が予想よりも高い」とこの言葉を使っておりヴィレの機体が徐々にコア化していることからも、このコア化というものとL結界というのはセットだと考えられます。, ちなみにコア化という用語は実際に劇中で使われた言葉ではなく、EVANGELION:3.33のDVD/BDに付属してくるアフレコ台本や絵コンテ集などで散見される用語です。, 劇中で登場していないので、シンでは呼び方などが変わる可能性はありますがこれからも大地やものが赤くなり、L結界が張られることをセットでコア化と呼んで行きたいと思います。, この人間や生命はその場では生きられない、コア化という現象やL結界密度、現実世界の何かと似ていませんか?, エヴァンゲリオンという作品の中でそんな現実とリンクさせる必要はあるのか?と思う方もいると思うんですけど、庵野秀明が意図的にリンクさせている可能性は大いにあります。, 庵野秀明はエヴァンゲリオンQを作ってから、鬱状態になってしまい、エヴァンゲリオンの制作に踏み出せなくなってしまいました。スタジオに足を運ぶこともできないくらい追い込まれていたそうです。, この時の庵野秀明の話などは株式会社カラーが出している、大きなカブという動画でも見ることができるので詳しく知りたい方は是非見てください。, 庵野秀明はこのシンゴジラの製作のおかげで、これからもエヴァを作り続けられると発言しており、シンゴジラを作ったのは庵野秀明、そしてエヴァにも重要なことだと考えられます。, ゴジラは放射能の怪物です。シン・ゴジラの作中でも放射線に警戒しながら、警官が交代でゴジラを見るシーンや、放射線の危険数値を知らせる、アラートなどがなっていたりしていて、放射線に対する細かい設定が取られていました。, シン・ゴジラがエヴァを前提として作られていたのであれば、このような放射線の設定は、エヴァへのつながりもあるのかもしれません。, そしてシンゴジラの終盤、ゴジラの尻尾からは人間のような者を生み出そうとしています。, これは第五形態目のゴジラなのですが、これもエヴァのアダムと使徒、リリスと人間、そしてインフィニティをかなり意識しているように思えます。, ナウシカの世界観は、火の七日間によって巨大文明が破滅した千年後を描いていて、ここでの火の7日間というのは核戦争、そして作中に出てくる巨神兵は核のメタファーであると言われています。, ナウシカでの腐海は人間が存続できる場所ではなく、マスクなしでいると五分で肺が腐ってしまう環境です。, エヴァの監督、庵野秀明は風の谷のナウシカにおいて巨神兵の原画を描くことで携わっており、2012年には風の谷のナウシカのスピンオフである「巨神兵東京に現る」を企画し、Qと同時上映しています。, エヴァンゲリオンは数々の部分を巨神兵をモデルにしており、庵野秀明は「ナウシカの続編を作りたい」と宮崎駿に企画し拒否されたという話もあります。, あと、個人的には先ほどのシンゴジラの中で紹介した第五形態も、巨神兵に似ている気もします。, また、ジブリは「スタジオジブリは原発ぬきの電気で映画をつくりたい」と書かれた横断幕を掲げたり宮崎駿はNO!原発のプラカードを持って近所を歩いた、ということも残っています。, この宮崎駿に影響している、庵野秀明もまた核などの恐ろしさというものをコア化やL結界密度というように暗喩的にエヴァンゲリオンの中に描いたのではないでしょうか。, エヴァンゲリオンは他にも庵野秀明が影響された作品がもろに出ている作品なので、他の作品とエヴァンゲリオンのつながりを見るのも面白いところだと思います。, このコア化というものが放射線などのメタファーだと考えると、これからの展開では、やはり元の自然のある地球を取り戻すことを目指すと思います。, 日本アニメーター見本市で公開された「until you come to me」では元の自然や青い海のある世界に戻っている場面もあります。, この映像は本当はQの本編の後に差し込むはずだった作品だとも言われているので、最終的にはコア化した地球が元の生命の住める環境に戻るということになるように思えます。, しかし「until you come to me」は本編との繋がりなどは一切言及されていないので、あくまで予想です。, シン・エヴァンゲリオンの冒頭ではパリをコア化から修復しているので、もしこの方法を地球規模に使う方法があるのなら、可能かもしれませんし、もしくはナウシカのように何千年もかけて世界を修復して行くかもしれません。, それか、それとは真逆でこのコア化が完全に進行して、新たな地球として生まれ直す可能性もあります。, このようにコア化した大地や、放射線で汚染された大地では人間は長時間活動できないという制約が出てきてしまいます。, 例えば、エヴァのアンリビカルケーブル無しでの活動限界、こちらもエヴァンゲリオンの中では重要な役割をしていました。, なのでシン・エヴァンゲリオンでもコア化した大地でのエヴァの活動限界などの緊迫したシーンが出てくるかもしれません。, またその「活動に制約のある人間」の対極にいるのが、生命の実を持った、「活動限界のない使徒」の存在です。これを使徒の生命の実、人間の知恵の実として、対極に描いているのだと思われます。, そのことからもエヴァの呪縛によって歳を取らない、またL結界密度の存在が関係のないパイロットたちは、人間の存在を超えているのではないかということが考えられます。, それとも、Qではマリはエヴァに乗っているシーンしか出てきていないので、エヴァのパイロットたちはエヴァに一定期間内乗らないといけないという制約がもしかしたらできている可能性もあります。, そして2021年に公開予定の庵野秀明が手がけるシン・ウルトラマンのウルトラマンでも活動限界という要素があります。なので「制約がある」というのはいろんな作品を理解するのにも重要な要素かもしれませんね。, 今回話したコア化によって人間は制約されているというのも、私的には一種の人間らしさを描いているような気がします。, シンジの精神世界も今作では電車の中のシーンとして描かれていて、シン・エヴァンゲリオンのビジュアルも線路を使っているので、次はシンジの精神世界ももっと掘り下げて描いていくよいうな気がします。, 私的には過去の14年間の話や、物語を綺麗に終わらせるというよりも、シンジの精神世界での葛藤や、他人との干渉によって成長する過程、世界に対しての自分の価値など、そのような人間らしい部分を描いて欲しいです。, エヴァンゲリオンの独自の考察をしています。エヴァ好きの方、初めてエヴァをみて理解できていない方にぜひ読んでいただきたいです。, エヴァの考察、都市伝説を語るYouTubeをやっています。こっちではおもに原稿用に書いたものを、書き直したりして投稿しています。【YouTubeのURL】→, https://www.youtube.com/channel/UCvNbMK95g_EFxex4qdc4xOQ. エヴァ「コア化」についてのまとめ ・コア化=接触部分が使徒のコアのように赤くなってしまう現象 ・コア化が進むと、浸食部は爆発・消滅する コア化というのは、このようにエヴァや使徒の中にあるコアのように、 赤く染まる現象のことを表しています。 新劇場版では、セカンドインパクト後の世界から海は赤くなっていて生命の住める環境ではなくなっています。 エヴァンゲリオンは、テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する架空の兵器(人造人間)。正式名称は汎用人型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン(はんようひとがたけっせんへいき じんぞうにんげんエヴァンゲリオン)である。 搭乗者は碇シンジ(場合によっては綾波レイが搭乗する事も)。 コア(魂)はシンジの母親である碇ユイ。 エヴァの運用データを取得するための試験用として開発されており、本機の運用データが後のエヴァシリーズに反映されている。 コアがコアだけに碇ゲンドウは初号機に特別な思い入れがあり、特に重宝されていた。 シンジの身に危機が迫ると暴走する。 その際、口腔部が大きく開かれて獣のような咆哮を挙げる。 3度目の暴走の際に第14使徒ゼルエルを捕食しS2機関を獲得・覚醒。その後内部発電が … 略称はeva(エヴァ)。 人類が14年の歳月と、天文学的な経費をかけて製造した巨大な人造人間。 生命の起源であり神に近い存在とされる第1使徒アダムまたは第2使徒リリスを複製し造られた素体に装甲板(実際は本来の力を抑え込むための拘束具)をつけることにより運用可能としたもの。 エヴァのコアになぜ魂が必要なのかを考察していきます。 エヴァは『アダム』と『リリス』を元に作られた人造人間であり、 肉体はあるが魂が入っていない状態(抜け殻)であり、動かすためには魂が必要。

カラオケ館 川越 予約, アイビスペイント Apple Pencil 設定, 父 誕生日プレゼント 40代, Ocn ホームページ作成 料金, Eテレ 放送休止 脳みそ, 東京 コスパ ご飯, スプレッドシート 条件付き書式 Countif, ドーナツ ベーキングパウダー 入れ忘れ, ブレンボ オーバーホール バイク, 夢見 よう トゥモロー カラオケ, Netflix 呪術廻戦 見れない, Nコン 歴代優勝校 高校, 神 鉄 西 鈴蘭台, Windowsセキュリティ ウイルスと脅威の防止 処置をお勧めします, 小学生 女の子 痩せる方法, 高校生 財布 メンズ, サマーキャンプ 2020 英語, 裏 難波 肉寿司 メニュー, 大和ハウス 派遣から 正社員, 車 購入 クレジットカード スズキ, Iphone ドコモメール 振り分け 解除, ワード 行数 表示 5行ごと, コマンドプロンプト スペース 入力, アイリスオーヤマ 人気商品 ランキング, レヴォーグ エンジンルーム 熱対策, Iphone6s 充電できない 完全放電, パソコン工房 マザーボード 修理, クリップボックス ファイルを開けません Mp4, 50代 靴 メンズ スニーカー, Javascript 親要素 追加, エアマックス90 サイズ感 スタンスミス, Windows10 動画 見れない, Excel 目盛線 表示,