記念すべき第1回大会1回戦第1試合で灼熱のレイアと共に彗星のように現れ、お星さまになり、元祖最弱の座に輝いた最古参。そして全ヨシオ族の祖。迷勝負製造機にして最笑の一角であり、前人未到のクソビリ3冠王である。 そこで区別付けないからこんなに話し合いが続いてるんだと思うけど, 昨日からやってる話がたまたま試合時間に被っただけだし、余韻消すのは申し訳ないけども 折悪く、△デロイ△も壊れた大学生も居ない。彼が壊すのはトライフォースでも自分の精神でもなく、試合だ。 また、スマッシュ攻撃は1/8の確率でダメージが2倍になる「かいしんのいちげき」が発生し、重量級のスマッシュホールド攻撃並の強烈な一撃となる。, 必殺ワザはそのほとんどが飛び道具で、中~遠距離での攻撃手段には事欠かない。他のファイターの飛び道具に比べて威力に優れ、相手の蓄積ダメージがそれなりにあれば直接撃墜も狙える点が大きな強み。また、横必殺ワザの「デイン」系呪文は直接攻撃ながら長めの射程を持ち、反射や吸収に対してもある程度耐性がある。 表(テーブル)についてあれこれ, 当wikiはゲーム実況者 P( ピー)氏によってニコニコ動画に投稿されている「64スマブラCPUトナメ実況」「スマブラSP CPUトナメ実況」シリーズに関する情報を共有するサイトです。, 動画を視聴する際はタグやコメント、再生時間(シークバー)などによるネタバレに注意しましょう。(試合内容によってはマイリス数にも) (文章:ロータス), 所属:ドンキーコング(世の果てに似ている漆黒) 初登場:第8回 クソステージでのアレスト・モメンタム(動きよ止まれ)やコンフリンゴ(爆発せよ)での低%バーストといった大魔法級を何度使えるか、そこに命運がかかっている。, キャラ:ドンキーコング (青) 初出場:第10回 あの玄酔楼を相手に半ば勝利までもっていき、以降ファルコン2連戦まで常に相手を圧倒し続けた。その激烈な火力と可愛いお尻の破壊力はバトル物お約束の超強い妹系キャラのソレである。 (文章:ロータス), 第2回大会最弱決定から数多くの出オチを見せてきた古参であり、非常に珍しいヨシオくん以下の成績を叩きだした一人でもあり、レートとなれば最弱クラスのドンキーである。 しかし、バイオレットでありながらブルーの市民に負けたのはいただけません。よって、一度処分しました。 スマブラSPから、ベクトル変更のシステムに 「ふっとびずらし」 という公式名がつけられた。 しかし多くの(特にfor以前の)プレイヤーは、「ヒットストップずらし」と区別する意味合いも込めて、依然として「ベクトル変更(ベク変)」という用語を使っている。 これだけ書いて、まだ半分に到達していない。 実践では確実に決まってダメージをたくさん稼げるコンボを狙うのが良いでしょう。, ※ 下記の即死コンボは、前作のスマブラfor3DS/WiiU版の情報を元に作成しています, 【スマブラスペシャル(SP)】大乱闘スマッシュブラザーズスペシャル(スイッチ版)攻略まとめwikiへようこそ!, {{isNeedLogin ? (文章:ロータス), 所属:ドンキーコング (青) 初出場:第10回 (ピンク色に超強いレイアと吐き気が居るが), かつて最弱扱いされかけたエース・オブ・ファルコン。第8回では8強の1人としてPに選出されるまでの強豪選手に成長している。 サシでヤるのも強いが乱交にも強く、僅か1分で2撃墜を取る実力派パワーファイターである。 面白味と実力に欠けた、不幸で完璧ではない前任のファルコンに代わり、着任した2番目です。 基本的にはアフリカの、多湿林といわれる地域に過ごしていまして、 なぜ、ヨシオくんは人気があるのか。その記録的な偉業を達成してきた彼の実力は、真似も出来なければ後追いも不可能なまでに凄まじいからだ。 第10回より参戦。 第10回において唯一の新人でありまして、(ISAMIを除き)不甲斐ない青ドンキー勢の期待の星としてLv8として生を受けました。, 動物園のウシはですね、 ゆ:Lv1の最弱クラスリンクから、全選手でも最強クラス、二冠王にまでたどり着いた物語の主人公的な選手。 若干ゃ草が、生えやすいファイターなので、 らばとかで話した方がいいんじゃないですかね?, 動画を視聴する際はタグやコメント、再生時間(シークバー)などによるネタバレに注意しましょう。, トップページ、各選手ページ、各大会ページなどに掲載するイラストを随時募集しています。, コメントを書き込む際、煽り・対立・誹謗中傷等になっていないかよく確認してください。, 癖だらけのフォックス勢の中にあって、アフォックスをほとんどしない、本来の種族的ポテンシャルを活かす真面目なスタイルで戦う。, 新人のデビューのタイミングとしてウルトラデラックスハードモードだった第8回の予選、それを当時は望み薄とされていた突破を果たすことによって華々しいデビューに仕上げた。若く新しい風はライムライトやアルベルトと共に世代交代を予感させるが、そこまでで終わってしまった。, 面白味と実力に欠けた、不幸で完璧ではない前任のファルコンに代わり、着任した2番目です。, 敗北するのは本来許されませんが、CPUトナメ史上最大のマイリスト数を誇る動画を撮るための経費としては、許容範囲でしょう。, ドンキー勢の中でも唯一のナチュラルに強い選手であり、初のドンキー勢の予選突破者でもある。, 普段だとティーダ級なのに、「対戦相手がエロマスに負けると危険」というタイミングでは本気状態の神様並みの力を持つ。, 勝たなきゃいけないタイミングで勝たせない、という嫌がらせ的な結果を多数残しており、第8回では特にそれが顕著だった。, 場を引っ掻き回す悪質な選手だが、彼がいると予選ブロックの突破予想が基本的に壊れることになるため、楽しみが続くという点では、いい仕事を常にこなす名選手である。, Lv8勢の中でも頭ひとつ抜きん出たどころか、最強豪クラスになりかねない勢いがある。, 自前のバクダンを使って遠隔攻撃が出来ること、驚異的な耐久力をもって圧力をかけ続けること、判定とリーチに優れるマスターソードにより、ダメージレース勝負にとても強い。, 赤系カラーの選手は攻撃に秀でる傾向があるが、ポイゾネサスくんはその傾向が極端に強い。単発火力の重さとブーメランでの補助が強烈に組合わさり、超速攻で試合が終わることがある。, 得意技はスカル■■■■と、チームメイトへの風評被害。弱点は尻に剣を刺されることと同族総受けなこと。, もともとは名前先行型の人気だったが、次から次へと有名選手を喰いまくる凄まじい実力を誇る。, エルバンとライムライトという有力選手や、準優勝経験者である天下無敵ほど最終戦績の質は良くないが、過程で戦った相手と内容に注目すると、その立ち位置は明らかに上の上位陣であることが分かる。, 技量先行型の激熱コンボクリエイターで、バーンナックコンボ、バーンナックボム、バーンナックコンボⅡと、代名詞的な大技を3つも編み出している。その威力と決定力から、他のカービィ族も真似している。本人もちょこにゃダンスを真似したりする。, ブロック通過ラインが引き下げられた第10回は、予選突破だけなら楽ではある。しかし、是非とも1位通過の勇姿と更なる活躍を見たいところだ。, 編集が行えない方でも誤字、情報の誤りを発見した場合や項目の追加・変更等の意見がありましたら、下のコメントフォーム、もしくは. 雀士らしく豪運に恵まれやすいが、実力勝負となると一歩劣らざるを得ない場面も見受けられた。 第3回での素晴らしい活躍の後は一時期不振であったが、第7回以降に再び魅せた目覚ましい活躍は、帰ってきた勇者と呼ばれた。 とはいえ区切りが無いし、結局やってくれる人の意思に従うってのが結論よね かなりのゲイ達者で、コンボ力に優れているうえにエルバン並みに全能の対応力を持つ。 CPUトナメの新しい風に高まった期待は最高の形で報われた。この風は、いまや台風の目を作ろうとしている。, 所属:ルイージ(デフォルト) 初登場:第3回 同期のアイドル2人は出場枠として半ば完成された立ち位置を得ている。当然彼女たちに追いつこうとするバルたんの、絶好の追い風を巻き起こした生放送での応援に応えてくれる姿を見ることができるだろう。 (文章:ロータス), 所属:ヨシオ族 (原種)  初登場:第1回1回戦第1試合 初試合からアフォックス、振りがきたらアフォックス、開始10秒でアフォックス、「リプレイで何度も見たい」→アフォックス、「リフレクターのナザレンコだな」→アフォックス、ボケ潰しの構えをしてるポルス→それでもアフォックスしにいく、チームを組んだ→アフォックスして勝つ、名前を間違えられる→アフォックス、ハイラルでアフォックスし辛い→トルネードアフォックス(未遂)、ファルコンパンチの構えが見えた→ファルコンパンチアフォックス、アフォックススピードランした奴がいた→自分もやってみる、バットでホームランを狙われた→アフォックスデッドボール…… ほかにも、「メラゾーマ」「ギガデイン」「マダンテ」などの大技をはじめ、一定確率で即死させる「ザキ」系の呪文、「ラリホー」による眠り、「まじん斬り」によるシールドブレイクなど、地上から早期での一撃必殺が狙えるワザが豊富。「バイキルト」「ピオリム」などの自身の運動性能や攻撃力を大きく強化する呪文も存在し、自ら積極的に切り込んでプレッシャーを与えることも可能である。コマンドの運も絡むとはいえ、ひとたび噛み合えば一気に相手を圧倒したり劣勢を覆したりできる力を秘めている。, しかし、全体的に威力・攻撃範囲に優れる反面、発生・後隙に難のあるワザが多く、特に空中攻撃はその傾向が顕著。運動性能に関しても、地上ではそこそこ動けるが、空中移動速度は遅い部類に入る。これらの特徴ゆえ空中戦は得意でなく、浮かされた状況では暴れワザの乏しさも相まってコンボの的になりやすいので着地狩りにも弱い。, 加えて、各種飛び道具はいずれも軌道が直線的なうえ硬直が長め、つかみのリーチも短いため中距離からのダッシュつかみが差し込み択として使いづらくなっており、空中攻撃先端当てや透かし着地からのつかみ・地上ワザ以外で相手のシールドにプレッシャーをかけにくい。以上から、ガードを固められた時の立ち回りは要練習と言える。また、必殺ワザを撃つ度にMPを消費することもあり、呪文一辺倒な立ち回りだとガス欠になりやすいため、MPは常時管理が必要。そして何より全ファイター中屈指のワザの豊富さが操作を複雑にさせており、強力な必殺ワザが豊富に揃う分それらを状況に応じて使い分ける判断力が必須となる。MP管理やランダムに出る下必殺ワザへの対応、苦手な近距離の立ち回りをどう捌くかなど、考えることは非常に多い。, 剣士系ファイターの中では素の機動力や差し合い・空中戦能力が控えめで、破壊力もバリエーションもピカイチな数々の必殺ワザをいかに使いこなすかがカギとなる。性能を最大限活かすにはかなりの慣れを要し、時には運を味方につける必要もあるが、ワンチャンスをものにした時のキャラパワーは比類ない。アイテムありルールのような、ハチャメチャな戦いが楽しめるという意味では、最も『スマブラ』らしいファイターだろう。, 運動性能は地上なら若干早いが、空中では若干遅いといった感じ。ジャンプ高度もやや控えめで、どちらかといえば地上戦向き。 Lv8勢の中でも頭ひとつ抜きん出たどころか、最強豪クラスになりかねない勢いがある。 その強さとプリンセス式から、Pの妹ではないかと噂されているが、P本人にも誰の妹か、妹が自称なのか、そもそもメスで合ってるのかさえ分からないと言われている正体不明の存在である。 初代王者にして名勝負メイカーのレイア、クソビリ3冠王のヨシオくん、最強の道化師ナザレンコ。そしてエルバン、天才らと共に3強と呼ばれる超有名選手の一人にして、バグレベルの超実力者、それが玄酔楼である。 また、自分自身も味方の範チュウに入るのか、ボム兵選手を足元に叩きつけるなどの派手な自傷行為を見せたこともある。 (文章:ロータス), いぶし銀の中間管理職。 自前のバクダンを使って遠隔攻撃が出来ること、驚異的な耐久力をもって圧力をかけ続けること、判定とリーチに優れるマスターソードにより、ダメージレース勝負にとても強い。 更に二刀流状態の強さが際立ち、特にビームソード所持の時は「鬼神リンク状態」と呼ばれるほどで、上位陣の選手ですら敵し得なくなる。  CPUトナメ記録集 今やほとんどがスター級選手になっている他の最古参11人、その後を追いかけていく(ヨシオくんは追いかけないで)。 はたして、あれは単なるビギナーズラックか、それともあれで片鱗でしかなかったのか。その疑問は間もなく回答がなされる。 第8回では特に目覚ましく、予選では第8回の準優勝者である純白を下しているだけでなく、エルバンと玄酔楼まで倒している。 全距離全時空全ルール対応型決闘者。動く反則級を止めた実績があるもの……それは、その大会の優勝者だけだ 地獄を作る側が、リア・リエだ。 コンボとアイテムの扱いがP氏が褒めるほどうまく、↓スマッシュとポケモンとのコンボが得意技。これといった弱点や事故が存在しないため、かなりの粘りを見せる。 ただしいずれも加速は悪いほか、歩行速度も控えめなので小回りが利かない。結果的に運動性能はあまりよくない方だろう。, 1P~4Pカラーで歴代『ドラゴンクエスト』の勇者を選ぶことができる。勇者のカラーバリエーションはそれぞれ2パターンある。また、姿によって各種スマッシュ攻撃や「まじん斬り」の「かいしんのいちげき」発生時の効果音が各原作と同じ物になる。, 多岐に渡る用途で使えるコマンド(必殺ワザ)を活かすため、MPの補充に必要な行動でもある通常ワザを絡めた立ち回りで有利状況を継続できるかが課題になる。下必殺ワザのコマンドはどの場面で使える物かも理解しておきたい。それらについては、#下必殺ワザのコマンドの簡易解説にて。, リンクなどと同様、剣士系の常として通常ワザの剣技は隙が大きく反撃されやすいので、先端当てを意識して反撃のリスクは減らしておきたい。通常ワザで使いやすいのは、#コンボに繋ぎやすい前・後空中攻撃や、1段目が無敵付きで差し合いや反撃、滑り横強の恩恵を受けやすい横強攻撃。勇者は序盤で成立できる#コンボをあまり持たないため、隙を見ながら予め自己強化のコマンド(下必殺ワザ)を掛けて始めから心理戦を持ちかけるのが賢明。, 飛び道具系のコマンドは予備動作がわかりやすいので、中距離で牽制に出すくらいが当てやすい。中でも「デイン」と「ライデイン」(横必殺ワザ)は長リーチながら物理攻撃扱いで反射・吸収されず、他のコマンドと絡めて特定ファイターが持つ対策が効かないのは心強い。, 勇者が最も得意とする状況は、崖付近での復帰阻止。飛び道具を飛ばす以外にも、崖付近で「ギガデイン」を出したり「バギクロス」を設置したりするのも効果的。下必殺ワザでは当たると広範囲に炸裂する「イオナズン」や全ての崖登り行動を狩れる「マダンテ」などが強力。, 防御面では、浮かされると追撃から抜け出すのは難しく、復帰阻止もされやすい部類。ただ、横からの復帰阻止に対しては、横必殺ワザで対抗することが可能。また、バーストラインに近いとどこからでも復帰ができる「ルーラ」を引きやすいので、わざとバーストラインに近づいてから下必殺ワザで抽選を繰り返すのもあり。 リア・リエの後を追いかけるみたいなことさえしなければ、彼にツキは戻ってくるだろう。 ニンテンドースイッチ専用ソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(スマブラSP)』の攻略ガイドWikiです。最新の情報を更新しているのでぜひチェックしてください。公式サイトはこちら。 (文章:ロータス), 最古参にして最強のピカチュウ。ネスキラーの異名を持つほどネスに強い。 決して実力がないわけでも人気がないわけでもないが、「死のブロックに放り込まれる」「人気投票0票」「ぽこたんに撃墜される」「急遽出番を新人と争奪することになり、危うく負けかける」といった不憫な目に合いまくる可哀そうな星周りで生きている。 ドンキー勢の中でも唯一のナチュラルに強い選手であり、初のドンキー勢の予選突破者でもある。  CPU対戦考察 記念すべきデビュー戦にして、「幻のレイガンコンボ」を披露。3位決定戦では回復なしで蓄積ダメージ100%未満かつシリーズ史上初の4タテを達成という、圧倒的注目を集めたサムス勢のエース。 完全にやりすぎなので、もっとやってほしい。 自身と共にダブルエースと呼ばれる悪魔の下目使いはメダリストとなった。ここは、是非とも彼に並ぶ活躍を見せて欲しいところである。, 確実に第8回でナザレンコに心酔したであろう、(一応まだ)正統派フォックス。 https://mobile.twitter.com/niconicopppppp/status/1317010162444464128, 試合感想メインの場所じゃないでしょ、数が多いだけ 当wikiは「スマブラSP検証窓」が管理しています。(スマブラSP検証窓とは) ユーザー登録した方であれば誰でも記事を作成・編集することができます。(編集ガイド) スマブラfor版はこちら: スマブラfor検証wiki 編集方針 対戦型格闘ゲーム的な性格を持つこのシリーズを一際特徴づけているのは、ゲームの勝利条件である。それぞれのプレイヤーは各キャラクターに割り当てられた体力を奪い合うのではなく、いわばおはじきやベーゴマのように、ゲームの舞台から場外へ落下した(させられた)者が敗れ、最後まで舞台に残っていた者が勝者となる。... https://smashwiki.info/index.php?title=メインページ&oldid=124211, 『スマブラSP』“Minecraft スティーブ/アレックス”10月14日配信決定。, 『スマブラSP』追加コンテンツの第7弾の新ファイターは『Minecraft』からスティーブ、アレックス、ゾンビ、エンダーマンが参戦。詳細は10月3日23時30分放送の『スティーブ/アレックスのつかいかた』で発表。, 『スマブラSP』に新ステージ“小戦場”が登場。第3回オンラインチャレンジも開催決定。, 『スマブラSP』“ARMS”からの新ファイターを桜井政博氏が紹介する特別番組が6月22日23時より放送決定, 桜井政博のゲームについて思うこと VOL.600(週刊ファミ通 2020年4月2日号増刊号掲載)より(中略あり). 人気が互角であるために熾烈な出場枠争いが発生、それを制したサムス勢のピンク娘の1人。 疾風のごとき速攻と、迅雷の如くコンボを決めることを得意とするワリオカラーマリオ。 普段だとティーダ級なのに、「対戦相手がエロマスに負けると危険」というタイミングでは本気状態の神様並みの力を持つ。 (文章:ロータス), 可愛さ極振りのドジっ娘アイドル。ちょこにゃダンスの使い手であり、レベルコンバート数最多記録所持者。 有志で集まってやるならわかるけど 「格闘ゲーム」という表現は適切でなく「対戦アクションゲーム」がジャンルとして正しいとしている[3]。一方で、Evolution Championship Seriesなどの格闘ゲーム大会で種目として採用されたりと、格闘ゲームユーザーからも支持を得ている。, 後述の「対戦ルール」での説明にもあるように、多人数プレイやアイテム、ステージギミック(「やくもの」と呼ばれる)といったアドリブ性の高いデフォルトの対戦ルールなど、対戦ゲームでありながらパーティーゲーム性を強く持たされており[4]、開発者は「スポーツ的なノリのもの」とも称している[5]。また、『X』と『SP』では作品の軸として「対戦・共有・共闘」の3つの柱を上げており、実際にも対戦以外にもユーザー間で楽しめる要素が盛り込まれたりとバラエティー性を持った作品コンセプトとなっている[6][7]。, 任天堂のゲームから人気キャラクターが各作品の枠を超えて登場することにより、さまざまなコラボレーション(クロスオーバー)が実現しており、それらのゲームのファンの心も掴んだ。またそれとは逆に、このシリーズの影響で登場キャラクターおよび原作ゲームの知名度が上昇し、原作のファンを増やす効果も見られた。『スマブラ』シリーズ後に出た『メトロイド』シリーズや『ファイアーエムブレム』シリーズにイージーモードが搭載された理由の一つのは、このことによる新規ユーザー増加を見越しての配慮である。なお『ファイアーエムブレム』に関しては後にインテリジェントシステムズの成広通が桜井ディレクターに対して感謝の意を述べている[8]。, 本シリーズは元来より「任天堂キャラクターが集結するということを目玉に作ったゲーム」ではなく、オリジナル作品として試作された対戦アクションゲームの企画が原点である。開発段階では『格闘ゲーム竜王』というコードネームで呼ばれていた(ゲーム中に使用される背景として、HAL研究所山梨開発センターの所在地である旧竜王町(現在の甲斐市竜王新町)の風景を用いていたため)[2][3]。, プロトタイプである『竜王』は桜井とプログラマーの岩田聡、サウンドクリエイターの3人という極めて少人数で制作された[2]。商品として発売する際に、「家庭用ゲーム機用のオリジナル格闘ゲームだとアーケード用のものと違いユーザーに認知されにくい」といった点を鑑みニュース性を持たせようとし、結果として「任天堂のキャラクターたちが闘う」というアイデアが採用されたと語られている[3]。代案として当初はキャラクターデザインに有名イラストレーターの起用か、アニメ作品などとのタイアップなどが検討されていた。このような経緯から、著作権表記はプログラムとキャラクターとで別表記となっており、シリーズのシステム・プログラムに関する著作権は「Original game:」として一貫して任天堂とHAL研究所にある他、キャラクターに関する著作権は「Characters:」より後に一括して記されている。後者については参戦作品のネタバレに絡むことから、参戦が公式発表されるまでは参戦作品に関わるコピーライト表記が伏せられることもあるうえ、ゲーム中でも対応する隠しキャラを出現させて初めて、隠しキャラに関わる著作者がタイトル画面のコピーライト表記やエンディングのスタッフロールに追加される措置がとられている。, なお、この企画は本来コンペに負けたものであり、企画が再浮上したのは64DD版『MOTHER3』やN64版『カービィのエアライド』が開発中止になった後の背景にあったことが触れられている[9]。, 本記事において「初代」は『ニンテンドウオールスター!大乱闘スマッシュブラザーズ』、「DX」は『大乱闘スマッシュブラザーズDX』、「X」は『大乱闘スマッシュブラザーズX』、「for」は『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』及び『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』両方を、「3DS」は『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』単体、「Wii U」は『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』単体、「SP」は『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』を指す。, 2Dアクションゲーム風の画面構成であり、各プレイヤーは自分の選択したキャラクターの持つワザによって相手を攻撃して画面外に吹き飛ばすことが目的となる。足場の無い画面下端への落下、または画面左右または上端の更に一定距離まで外側へ吹き飛ばされた場合、KO(海外版での呼称。ユーザー間では「バースト」とも称される)・ミスとなり、最後に攻撃を与えたプレイヤーの得点となる。一定時間内に多く得点を奪うか、最後まで一定ミス数以内で生き残ったプレイヤーがそのゲームの勝者となる。, ただし、足場を踏み外した時点でミスとなるわけではないため、たとえ足場のない外側に吹き飛ばされても、限界ライン(下以外は画面端のラインから外側一定距離。画面外に出ただけでまだミスになっていないときは「ルーペ」と呼ばれる吹き出しでキャラが表示される)に到達する前に空中ジャンプや必殺ワザを使い、足場まで復帰することができれば失点を防ぐことが可能である[注 1]。, キャラクターは攻撃を受けることによってダメージ値(%で表現される)が蓄積していき、次に攻撃されたときのふっとび易さがこのダメージ値に比例して上がっていく。つまり、多くのダメージを受ければ、それだけふっとび易くなるということである(後述のリアクション固定ワザのような例外もある)。ただし同じダメージ値でもふっとび易さが各キャラクターごとに異なっており(「重さ」として表現される)、軽い(主に体が小さい・攻撃速度が素早い)キャラクターは大きくふっとばされ易いが、この場合は弱い攻撃でも大きくふっとぶことで連続攻撃を受けにくい。一方で重い(主に体が大きい・単発威力が大きい)キャラクターは逆であり、ふっとばされにくく打たれ強いが、そのために連続攻撃を受け易くもなっている[注 2]。, なお、用語の表記などは公式のものに基準し記している。たとえば、本ゲームにおける攻撃に関してはカタカナで「ワザ」と記すのが公式であり、漢字の「技」などは本作では誤った表記となる。, 本作においては弾くように3Dスティックを素早く傾ける操作を「はじき」と呼び、これによって移動・攻撃全てにおいて行動の強弱を使い分けることに大きなウエイトが置かれている。, 本シリーズは任天堂や桜井が「万人向けのゲーム」を目指すことを標榜していることもあって、基本システムは手軽で分かり易くまとめられて、どのようなプレイヤーでも楽しめるようになっているが、その操作系の裏にはに数々のマニアックな仕様やテクニックが用意されている。 ていうかこんなことでコメ欄埋めたくない 混迷、魔境、因縁の大嵐に飲み込まれてもがき続けていた彼は、遂にすべてを乗り越えた。 スーパースターたちの影に隠れながらも「部長一番いる」と言われるほど固定ファン層を獲得している、侮れない選手である。 強豪の壁に阻まれた為に結果が出てはいないが、その実力は僅か2試合で知れ渡るほど。 (文章:ロータス), ダブルエースの片割れであり、第8回では8強の1人としてPに選出された堅実派のカービィ勢。 ぽよっぽよの可愛らしさと華のある戦いぶりは、人気が出る理由を十分に理解させてくれる。 なお、今作における世界戦闘力は一人用モードとは別にオンライン対戦での腕前指標としてもファイター毎に個別に用意されており、特にキャラごとの世界戦闘力が全体の上位になるとマッチングが隔離され「VIPマッチ」という特別試合に参加できるようになる。VIPマッチは通常のオンライン対戦と同一の内容ではあるが、ゲームバランス調整のためのデータをこのマッチングから取るとしている。, ほかにも、放置プレイ・極端な一人狙い(ガチ1on1以外)・自滅を繰り返す・頻繁な回線切断(意図的か否かは問わず)・改造/チートの使用や通報頻度が多いと、一定時間サーバーに接続できなくなるペナルティ機能を搭載している[注 9]。, 試合終了時にトップが2人(2チーム)以上いる場合は、当該者同士のサドンデスに突入。ダメージ300%[16]・ストック数1で始まり、最後まで残ったプレイヤー(チーム)が勝利。ここでも一定時間決着がつかないと、キャラクターの上から起爆寸前のボムへいが落ちてくる(『SP』では開始直後から画面がズームインし撃墜判定範囲が徐々に狭くなった後)。『DX』のみストック制で時間切れによって突入した場合は、そのときのトップが持っているストックがそのまま適用される。サドンデスでも同時に落ちた場合、番号の若い方のプレイヤーが勝者になる。, 第1作目では「ニンテンドーオールスター」とタイトルに含まれていたように、本シリーズに登場するプレイヤーキャラクター(PC)は任天堂が発売した人気ゲームシリーズからの引用となっている。PCは3作目『X』のアドベンチャーモード以降は「ファイター」と呼称されている。2作目『DX』は1作目と同じく任天堂キャラクターのみの登場だったが、3作目『X』以降はサードパーティーのゲームからのゲスト出演もあり、現在までにコナミデジタルエンタテインメント、セガ[注 12](子会社のアトラス含む)、カプコン(海外法人のカプコンUSA含む)、バンダイナムコエンターテインメント、スクウェア・エニックス、マイクロソフト(子会社のMojang含む)[注 13]、SNKのゲームのキャラクターが最低一度は参戦を果たしている。また、これ以外のメーカーのゲームに関しても、Miiファイターの衣装などの形で間接的な出演を果たしているものが存在する。, キャラクターのワザや動き、性能は原作での特徴、または原作そのものの要素を踏まえて設定・調整されている。また、桜井はキャラクターの本シリーズへの参戦の条件として本シリーズに出るにあたって多くの脚色を容認してもらうこと[17]を掲げており、中でもアイスクライマーなど、登場作品が古く(レトロゲーム)本シリーズでの登場までに長いブランクがあったキャラクターや、元々がアクションゲームではない作品に登場するキャラクターに関しては、デザインが変更されたり大幅にワザを再設定・改変されたりと本シリーズ特有のオリジナル要素を付与されていると捉えても差し支えない。, 全てのシリーズ作品で数体~十数体の隠しファイターが用意されており、その中には原作では脇役だったキャラクターも含まれている。これらに関してはキャラクターを一人でも多く登場させることを目的としており、その一部は最初から登場しているキャラクターから一部のデータをコンバートしている。『DX』に登場した「モデル替えキャラ」と呼ばれるキャラクターはモーションをほぼ流用したものであり[18]、『for』と『SP』で再実装されている。『for』では一部のキャラクターのカラーバリエーションとして別のキャラクターを登場させているケースがあり、こちらは性能まで元のキャラクターと全く同じでとなっており、『for』におけるモデル替えキャラは開発初期にはカラーバリエーションでの出演予定だったものが諸事情で別枠のキャラクターになったものだという経緯がある[19]。後述のように『SP』においても同様の制作手法を取ることで追加されたキャラクターが存在し、それらは「ダッシュファイター」として呼称が改め付けられている。, 隠しファイターは条件を満たした試合のあと(1人用モード「シンプル」「勝ち上がり乱闘」などの通しプレイのゲームは最終戦クリア後)に「挑戦者が現れました」の警告メッセージとともにシルエットが表示され、そのまま1対1の対決に移る。プレイヤー(試合の勝者)は直前まで使用していたキャラクターを使用し、対決に勝利するとそのファイターを使用できるようになる。敗北すると、CPレベルが減少した状態で出現待ち状態になる(『SP』のみ一定時間後に再戦のための施設「挑戦者の間」に追加される)。, 全作にプレイアブルキャラクターとして登場しているのは、第1作でプレイヤーキャラクターとして登場した基本キャラクターであるマリオ、ドンキーコング、リンク、サムス、ヨッシー、カービィ、フォックス、ピカチュウの8体と、隠しキャラクターであったルイージ、ネス、キャプテン・ファルコン、プリンの4体、計12体である。この全12体のキャラクターが全員基本キャラクターとして使えるようになったのは第5作『Wii U』のみ。現時点では第1作から登場しているキャラクターがプレイヤーキャラクター枠から除外されたことは一度もない。, 担当声優に関しては、原作シリーズ(アニメ版などの派生作品を含む)にて既に声が吹き込まれていた場合、本シリーズでも同じ声優を採用する場合が多い。逆に、カービィやピットなど本シリーズでのキャスティングが原作に正式採用されていく場合もある。また、ピーチ、リンク、ゼルダ(シーク)、ガノンドロフ、フォックス、ファルコ、ウルフ、フシギソウのように、出典作品や原作シリーズでの声優変更を踏まえて本シリーズでも途中で担当声優が変更されるケースがある。一方、キャプテン・ファルコン、ゼロスーツサムス、リトル・マックは本シリーズとそれぞれの原作シリーズとで声優が異なっており、原作シリーズで声優が付くようになったドンキーコングシリーズのキャラクターとクッパは本シリーズでは声優を起用せず、サウンドエフェクトが使用されている。以上のことは、ここで割愛になっているキャラクターに関しても同様のケースがある。, 『DX』以降の参戦キャラクターのボイスは過去作から流用しているものもある(『X』の最後の切りふだの一部[20]やネス[21]、マルス[21][22][23]など)。, 隠しキャラクターは楽しみが薄れるために発売前の公表はしていなかった[24]が、『X』からはニンテンドーWi-Fiコネクションといったオンライン対戦を理由に「隠さない」方針をとっている[25]。, 『SP』では過去作に登場したすべてのファイターが参戦しているが、第1作目の初期キャラクターとMiiファイターとダウンロードコンテンツのキャラクター以外はすべて隠しキャラクターの扱いとなっている。『SP』では歴代の登場順にキャラクターにナンバーが振られているが、マルスを元にしたルキナ、ピットを元にしたブラックピットなど前述した「モデル替えキャラ」と同じ制作手法のキャラはナンバーにダッシュ(')が付けられ、「ダッシュファイター」(海外版では"Echo Fighter"という呼称)という括りとなっている[26]。, 『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズは、そのオールスターという性質上、ストーリーらしきストーリーは無いに等しい。ただし登場する任天堂キャラクターは全て、初代ではコピーライターの糸井重里の案により『「人形」[27]、『DX』~『for』では「フィギュア」[28]がイメージによる命を吹き込まれた存在』という設定であり、キャラクターや任天堂のゲームを元にしたステージなどを含め、「スマブラ世界」(『X』において「この世界」と呼称)を作り上げたのはオリジナルキャラクターのマスターハンドによるものとされている。一人用モード(『DX』〜『for』の「シンプル」モード)では『for』までの各作品に共通して、「スマブラ世界」から見て「現実世界」に最も近い空間である「終点」でラスボスとして待ち受けているマスターハンドがフィギュアに倒され、フィギュアが元の存在に返るという筋立てになっている。, また少なくとももう一つの公式設定として、『参戦するPC宛には「招待状」が届く』というものもある。『DX』や『X』でも画像説明文のひとつや会話にそれに関する記述があったが[29][注 14]、『for』や『SP』の動画において明確な描写が発生している。それによると「招待状」は白い封筒に入っており、『スマブラ』のシンボルマークの蝋で封をされている。誰がどういう基準で出すのか、また「招待状」に書かれている内容などについては不明[30]。, その他、スマブラオリジナルキャラクターに関しては、やられ役の謎のザコ敵軍団や、ふっとばされ役のサンドバッグくんなど、原作ゲームに干渉しない記号的なキャラクターがある一方で、続編でアドベンチャーモードが登場し一人用モードが発展していくにつれ、『DX』ではクッパのフィギュアが過剰なイメージを込められたことで異形の存在と化したギガクッパ、『X』でスマブラのキャラクターが住んでいる「この世界」を侵略せんとする亜空軍とその首領タブー、『SP』ですべてのフィギュアを根こそぎ消滅させスピリットに変えてしまい、それを掌握して自らが新たな創世を目論むキーラなど、『スマブラ』のストーリー性に広がりを持たせるオリジナルキャラクターが登場するようになった。, 『大乱闘スマッシュブラザーズ』はオールスターという性質上、BGMに関しても登場キャラクターの原作のものを編曲し用いている場合が多い。オープニングテーマやメニュー画面のBGMなどは『スマブラ』オリジナルだが、『DX』『X』以降はひとつのメインテーマを編曲したものが多い。, 作曲・編曲は、第1作目と『DX』は開発元であるHAL研究所所属の安藤浩和や池上正、酒井省吾(『DX』以降)などが担当している。特に安藤はテーマ曲の製作を行うなど中心人物であったが、『X』では担当から外れている。, 『X』ではそれまでのサウンドクリエーターに加え、任天堂やゲームアーツなど開発にかかわった会社のクリエイター、さらに桜井ディレクターがプロデュースを務めるゲーム音楽のコンサート「PRESS START -SYMPHONY OF GAMES-」などを介して桜井が誘った外部の作曲家も協力しており、最終的には計38人(『X』メインテーマ曲提供の植松伸夫を含める)が参加している。, ステージに紐付けられている楽曲は『初代』はステージに対して1曲、『DX』『3DS』では表・裏の2曲(低確率または特定の操作で裏曲が流れる)、『3DS』を除く『X』以降の作品では2曲以上用意されており、「オレ曲セレクト」で抽選確率を設定できる。『X』『Wii U』ではステージごとに選曲リストが決まっていたが、『SP』での選曲リストはステージの出典シリーズ毎に決まっているため、別のステージで使用されていた楽曲もシリーズが同じならば使用できる。例外的に『マリオシリーズ』と『マリオカートシリーズ』は楽曲が区別されており、逆に『Wii Fit』『Mii』など表立って確立されていないその他シリーズのステージは、他の既存シリーズで分けられない出典の楽曲すべてが使用できる。また、『SP』では「オレ曲セレクト」の指定にかかわらず、ステージ選択において対応する楽曲リストから任意に選曲することも可能となった。ただし、同時に『SP』以前の作品に採用されていた、ステージによってはステージ原作とは異なるゲーム作品の楽曲の一部使える仕様は廃止された[注 15]。, 本シリーズは、登場するBGMの原曲元などがファイターなど以上にバラバラとなっているために権利問題が複雑怪奇を極めており、完全なサウンドトラック(以下、サントラ)の発売は実質的に不可能に近い状態に陥っている。唯一、第1作のみ発売から丁度1年後の2000年1月21日にテイチクエンタテインメントから発売されている。CD2枚組。, 『DX』のサントラについては発売されていないが、ゲーム発売後に実施された「大乱闘スマッシュブラザーズDXオーケストラコンサート」で演奏された曲は雑誌の付録という形で提供された。, 『X』は前述したように38人ものサウンドクリエイターがBGMを製作・提供しているため、権利問題がそれまで以上に複雑怪奇を極めたため、サントラは「出ません」と桜井自らが発言している。ゲーム内でのサウンドテストでも著作権情報が表示される。例外としては、原曲・編曲ともに同じ所属のクリエイターが担当したBGMで、「純喫茶ハトの巣」(『おいでよ どうぶつの森』出典、原曲・作曲ともに任天堂の戸高一生)という楽曲が『クラブニンテンドー』のポイント特典である『Touch!

パワステオイル 不足 異音, メルカリ アカウント削除 され た, インスタ ストーリー サイズ変更, ディズニープリンセス グッズ 大人向け, 秋分の日 意味 簡単, サンシャイン水族館 クラゲ いつまで, 福岡 横浜 フェリー, 巻きスカート 裏地 付け方, Fnキー ない Mac, Windows10 パーティション分割 Ssd, 中央 キッチン カラー, 駐車場 4台 何坪, アイシャドウ パレット スギ 薬局, 朝ドラ 視聴率 ランキング, 人参 レンジ お弁当, レクサス Gs 空気圧センサー 消す, Powershell 管理者権限 起動 バッチ, 又吉 住ん でる 場所, Blender ライト 特定のオブジェクト, 中学生 スマホ いらない, タウンエース カスタム ホイール, Sony Bdz-rx100 Hdd交換, 咲く やこの花高校 バレエ, 銀座 手土産 おつまみ, マルジェラ 香水 アンダー ザ レモンツリー 口コミ, Ipad 音量制限 子供, オレンジ コード 安全地帯, Usbメモリ フォーマット Exfat, ジュース 詰め合わせ 店舗, コナン キミがいれば Cd, ルフィ 声優 変わった, ジュース 詰め合わせ 店舗, Googleカレンダー Iphone 同期できない Ios13, ディズニー パスケース リール なくなった, レクサス キー 電池切れ エンジン,