© 2020 漫画とアニメ情報局 All rights reserved. characters 登場人物 図鑑. 平成仮面ライダーシリーズに関連する映像作品に登場した仮面ライダー、変身フォーム、怪人、アイテムを解説、紹介しています。 top. 用語辞典. 17 【まとめ】最強の敵は仮面ライダー ... 能力は最強クラス。そして、その行動は仮面ライダーの怪人史上でも最凶だといえそうです。 その他の能力. ジャガーロード パンテラス・トリスティス. 超自然発火能力の他にも、瞬間移動、天候操作などの力を持っています。クウガの最強フォームであるアルティメットフォームと互角の勝負をしました。(最終的にはダグバが敗北) スポンサーリンク . バッタ、トンボ、カマキリ、カブトムシなど、様々な昆虫・虫がモデルとなっている仮面ライダー。中には、サソリ、クモなどの珍しい虫をモデルにした仮面ライダーもいました。 各仮面ライダーの画像と一緒にモデルとなった虫たちを紹介していきます。 仮面ライダーシリーズに登場する怪人・敵キャラの中で、最強の敵を15体ピックアップしてみました。ブラックホールを作る怪人や、時間を操る怪人までいました…。, 15人の敵キャラの中から、最強の敵を一人決定しようと思います。アナタの思う最強の敵は入っているでしょうか?, 一人目の最強の敵・怪人は、「ン・ダグバ・ゼバ」。仮面ライダークウガに登場するラスボスです。, 作中では「究極の闇をもたらす者」と言われています。全てのグロンギ(怪人)を蘇らせた張本人で、グロンギの王です。作中で起こる全ての災いの元凶ですね。, ダグバが最強の敵と言われる所以は、その戦闘能力の高さにあります。特に脅威なのは、対象に触れることなく炎に包むことのできる超自然発火能力。, この能力により、クウガを圧倒。また、クウガを軽くあしらうほどの力を持つゴオマ究極体でさえも瞬殺。仲間であるはずの怪人を殺すことに躊躇いはありません。さらに、東京都内で3万人もの被害者を出しました。, 能力は最強クラス。そして、その行動は仮面ライダーの怪人史上でも最凶だといえそうです。, 超自然発火能力の他にも、瞬間移動、天候操作などの力を持っています。クウガの最強フォームであるアルティメットフォームと互角の勝負をしました。(最終的にはダグバが敗北), 二人目の最強の敵・怪人は、「ドラス」。「仮面ライダーZO」に登場する最強怪人。ネオ生命体が屑鉄などを取り込んで作り上げられた存在。その姿は、バッタのようでもあります。, ドラスは、ロケットパンチ、分子破壊光線などを使って攻撃を仕掛けます。さらに、近接格闘時には電流を付加して攻撃力を上げるような描写もあります。基本スペックはかなり高いようですね。, また、高速移動時には球状になったりと身体の変異も可能。さらに、自分の身体で新たに怪人を生み出すこともできます。劇中ではクモ男やコウモリ男を生み出しています。, ドラスが脅威なのは、その再生能力にあります。ZOに腕を切り落とされても、再生・修復。さらに、腹部に鉄骨が刺さっても鉄骨を吸収して再生を行っています。ただし、再生にはエネルギーを要するようで、一時的に戦闘不能になります。, 三人目の最強の敵・怪人は、「アークオルフェノク」。「仮面ライダー555」に登場する敵キャラです。ラスボスとして描かれました。, ファイズ(ブラスターフォーム)を含めた三人の仮面ライダーがアークオルフェノクに戦いを挑みましたが、その三人を軽くあしらう実力を持っています。, ライダーの乗るバイクを一瞬で破壊する光弾。鉄を握る潰す握力。空を自由に移動する飛行能力など、様々な特殊能力も持ち合わせています。, 劇中で最強の敵・アークオルフェノクの最も恐るべき点は、怪人を捕食する存在だということ。立場的には仲間のはずの怪人をぼりぼりと貪ります。, 捕食シーンがトラウマになったという人も少なくないのではないでしょうか。私も幼少時に見た時は一瞬固まりました(笑)。, 四人目の最強の敵は、「仮面ライダークロノス」。「仮面ライダーエグゼイド」に登場する敵キャラ。怪人ではなく、仮面ライダーの一人ですが、劇中では敵として登場します。, クロノスが脅威なのは、「時間停止能力」を持っているという点。さらに、時間を止めているのにも関わらず自分だけは自由に動けて敵に物理攻撃を与えることも可能です。, 物理法則を無視したチート級の能力ですよね。歴代仮面ライダーの中でもチート級の能力ということで、仮面ライダー最強ランキングでも第9位にランクインしています。, 歴代仮面ライダーのなかでも最強クラスに位置するクロノス。戦いが長引けば長引くほど強くなるという能力も持っています。, 時間経過で防御力が上昇する「ロングライフガード」。攻撃を与えるごとにパンチ力・キック力を10%上昇させる「セイヴァーファイトグローブ」「セイヴァーファイトシューズ」などを装備しています。, 「仮面ライダーアギト」に登場する敵キャラクターです。宇宙開闢と同時に生まれ、世界を創った存在だとされています。まさに神ですね。, 神のような存在であるオーヴァーロードは、人間の創造主。創ることもできれば、破壊することもできます。, アギトたちの行動により、人類に幻滅したオーヴァーロードは人類そのものを滅ぼすことに決めます。やってることの壮大さは、まさに神の所業ですよね。, オーヴァーロードは、星座を動かすことも可能。動かされた星座を誕生星座に持つ人間に、ドッペルゲンガーを見せて自殺に追いやります。なんだか回りくどいやり方ですが、対象の人間は為す術がありません。, 色々な意味で怖い敵キャラクターです。怪人ではないかもしれませんが、その能力は歴代敵キャラの中でも間違いなく最強クラスです。, 六人目の最強の敵・怪人は、「カッシスワーム ディミディウス」。「仮面ライダーカブト」に登場する最強の敵キャラです。ワームの頂点にして、ラスボス。, ライダーシステムの高速移動能力「クロックアップ」。常人の目には映らないほどのスピードを動くことができますが、カッシスワームはクロックアップを超える「フリーズ」という能力を持っています。, カッシスワームは再生能力を持っています。身体を木っ端みじんに吹き飛ばされたとしても、再生することが可能。しかも再生後は別形態に変異することが出来ます。, グラディウス形態では、敵の攻撃をコピーして吸収・はね返すという能力を有していました。その能力によって、サソード、ガタック、ザビ―などの必殺技をはね返していました。, 七人目の最強の敵・怪人は、「フェニックス」。「仮面ライダーウィザード」に登場する敵キャラで、上級ファントムの一人です。攻撃能力も、再生能力もトップクラスの能力を誇ります。, フェニックスの能力は、発火能力。身体から火炎を発生させて敵を炎に包みます。ウィザードのウォータースタイルでさえも防げないほどの威力を持っています。, 炎属性の怪人ということで、炎系の攻撃は無効化されます。フレイムスタイルの攻撃は全く効きません。また、復活後はフレイムドラゴンの攻撃すらも耐えきります。, また、炎から剣を生成することも可能。炎の剣・カタストロフによって、ウィザードを圧倒しています。, フェニックス(不死鳥)の名前の通り、何度も復活する怪人です。厄介なのは、復活する度に強くなるという性質。上でも書きましたが、一度は倒されたフレイムドラゴンの必殺技も二度目は軽くあしらっています。, 再生する度に自分の欠点を克服してくるのは恐怖ですよね。どんなに倒しても復活するため、最終的には「討伐」ではなく「封印」という形で撃退しています。, ※オールドラゴンで太陽まで運んだ。焼かれては再生するという無限ループを繰り返しています。コヨミの占いによれば、100万年後には太陽に勝って戻ってくるようです。100万年後は間違いなく最強の怪人ですよね…。, 八人目の最強の敵・怪人は、「アマダム」。「仮面ライダークウガ」に登場する霊石の名前。また、「仮面ライダーウィザード」に登場する怪人態の名前です。, クウガの力の源といえる霊石。装着者を戦闘に適した肉体まで引き上げます。また、戦闘で傷ついた肉体を回復する能力まで付与するという力を持っています。, 作中ではクウガはアマダムの力を使って怪人や敵と戦っていました。アマダム自身は怪人としは描かれていませんね。, クウガでは、戦士の力を授ける霊石として描かれていたアマダム。ですが、ウィザードでは、「かつてライダーたちに倒された怪人たちが暮らす魔宝石の世界を統べる存在」として描かれます。, 人間態、怪人態に変異することもできます。歴代仮面ライダーの力を奪って倒していきますが、最終的には鎧武の斬撃によって撃退されています。, 九人目の最強の敵・怪人は、「ロシュオ」。「仮面ライダー鎧武」に登場するオーバーロードインベスの一人。ラスボス的な立ち位置にいる敵キャラですね。, 仮面ライダーシグルドの攻撃をバリアでなんなく無効化。さらに、岩石を挟んだ状態で殺害するなどの攻撃力を持ちます。攻撃、防御ともに絶大な力を持つロシュオ。, 巨大な剣で、大量のミサイルを消し去るシーンもありました。その能力については、まだ不明な点が多い敵キャラです。, 最強クラスの能力を持つロシュア。再生能力を持ち、鎧武、バロンも挑みますが、為すすべなく倒されてしまいます。最終的には部下のレデュエの不意打ちで死亡します。, ロシュアと同等の力を持つレデュエが裏切ったからこそ、倒すことのできた敵キャラです。, 十人目の最強の敵・怪人は、「メガヘクス」。映画「MOVIE大戦フルスロットル」に登場する敵キャラクター。鎧武(葛葉紘汰)が暮らす新天地である星を襲った機械生命体。, 極ロックシードのデータを取り込んで進化する「進化体」。さらに、ロイミュード:サイバロイドZZZを吸収して進化した「ZZZメガへクス」。さらにさらに、複数のZZZメガヘクスが融合して「Zメガバット」へと進化します。, 様々なものを吸収して進化するメガヘクスですが、弱点まで受け継いでしまうのが難点。ロイミュードを取り込んだ時は、コアを破壊されると消滅するという弱点まで受け継いでしまいます。, 十一人目の最強の敵・怪人は、「仮面ライダーエボル」。「仮面ライダービルド」に登場するラスボス。惑星を吸収するほど強くなるという惑星レベルの能力を持っています。, 仮面ライダーエボルが最強の敵と言われる所以は、「ブラックホールを生成する」というチート級の能力を有しているところにあります。, 任意の場所にブラックホールを生成して、都市ごと消滅させることもできます。仮面ライダーシリーズの怪人・敵キャラの中でも、最強クラスの能力だと思います。, 仮面ライダーエボルの能力は絶大で、ビルドの最強フォームであるジーニアスフォームでも歯が立ちません。そのため、ビルドは倒すのではなく、封印することを目指して戦いを挑みます。, 長い歴史を持つ仮面ライダーシリーズですが、封印することを前提に最終決戦に挑んだ仮面ライダーはいないと思います。, 十二人目の最強の敵・怪人は、「フォッグ・マザー」。「仮面ライダーJ」に登場する敵。侵略してきた敵の母艦および、全怪人の名称です。, その全身から、強力な磁場を発生させているフォッグ・マザー。近づくだけで地球の重力に影響を与えて天変地異を起こすほど強力な磁場です。, 全身が武器で出来ているフォッグ・マザー。ミサイル、破壊光線などを装備。さらに、山を切り崩すドリルや高圧電流を流し込むかぎ爪まであります。まさに全身武器。, 巨大化することのできる仮面ライダーJでなければ、為すすべなく蹂躙されてしまう能力ですよね。, 十三人目の最強の敵・怪人は、「仮面ライダーフィフティーン」。映画「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」に登場する敵キャラ。怪人ではなく、仮面ライダーとして登場します。, クウガから鎧武までの15人の仮面ライダーに変身することが出来ます。変身できるだけでなく、能力も自在に操ることが出来ます。ディケイドの敵バージョンという感じですね。, 戦闘能力はかなり高く、複数の仮面ライダーを相手にしても圧倒します。さらに、鎧武の強化フォームであるカチドキアームズも倒します。最終的には、鎧武1号アームズのライダーキックによって倒されます。, 十四人目の最強の敵・怪人は、「仮面ライダーアーク」。映画「劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王」に登場する敵キャラ。怪人ではなく、仮面ライダーとしての登場ですね。, 仮面ライダーアークは、変身時に巨大化します。他ライダーが見上げるほど巨大で、全長3.2mにも及びます。巨体から繰り出される攻撃は、キバたちを苦戦させます。, 月の眼の力を取り込んだアークの強化形態。アークに巨大な翼が生え、飛行能力も持つようになります。肩からは巨大な火球を放ち、巨大な拳でパンチを繰り出します。, 十五人目の最強の敵・怪人は、「レジェンドルガ」。こちらも、劇場版の仮面ライダーキバに登場する敵キャラ。見た目は仮面ライダーっぽいですが、魔族と言う設定です。, 作中の怪人であるファンガイアを見下すほどの実力を持つ怪人。魔族の中でも最凶最悪の怪物と呼ばれています。その姿は、世界各国に伝わる怪人や魔物の姿をしています。, 自分の細胞を人間や魔族に入れることで、従えることが出来る能力を持つレジェンドルガ。その配下によって、次々と仲間を増やすことが出来ます。そのことから、次狼は「奴らが目覚めたということは人類滅亡のカウントダウンが始まったということだ」と語っています。, 仮面ライダーシリーズに登場する怪人・敵。その中でも、最強の敵を15体紹介してきました。最後に、私の思う”最強の敵”を決定して終わろうと思います。, 15体の敵の中で最強なのは、仮面ライダービルドに登場する「仮面ライダーエボル」だと思います。ブラックホールを生成するというチート級の能力を有するエボル。能力は間違いなく最強クラスです。, 私がエボルを最強の敵と判断した一番の理由は、「倒さずに封印する」という選択肢を主人公のビルドが判断した点。長いシリーズの中でこんな判断をした敵は他に思いつきません。, …とここまで書いて思ったのですが、「仮面ライダーウィザード」に登場する怪人・フェニックスもある意味で倒せずに封印していましたね。, まぁ、ブラックホールに吸収されれば再生も無効化するということで、やっぱり最強の敵は仮面ライダーエボルに決定!※あくまで個人の見解です. 平成仮面ライダーシリーズに関連する映像作品に登場した仮面ライダー、変身フォーム、怪人、アイテムを解説、紹介しています。 仮面ライダーweb. kaijin 怪人 図鑑. items アイテム その他図鑑. riders & forms ライダー 図鑑. ドクターケイトは、「仮面ライダーストロンガー」に登場するキャラクター。マンドレイクとも呼ばれる妖花アルラウネの子孫で、デルザー軍団の一員で初期メンバーでは紅一点でもあるケイトウの花をモチーフとする改造魔人の魔女。ドクターケイトやヘビ女は人間態が無い . 当サイトは、主にネット内にある情報を引用し、面白、お役立ち、ニュース記事を作成・発信するサイトです。, 「友達「トヨタで働いてるで」 ワイ「トヨタの"どれ"や?」ギロッ」- by  (10/17), 「学生の頃に使ってたUSBメモリの容量でだいたい年齢わかちゃうんだよ」- by  (10/17), 「春の曲←「春よ、来い」 夏の曲←「HOT LIMIT」 冬の曲←「WHITE BREATH」 秋の曲←」- by  (10/17), 「吹奏楽部「うちらの練習、運動部並にきついよ(笑)」 ←これ」- by  (10/17), 「まんさん(23)シウマイ弁当を温めたら彼氏(48)に「常温が美味いんだよ!!」ってキレられた。」- by  (10/17), 「【衝撃】フィンランド人が日本の学校教育を見た結果wwwww」- by  (10/17), 「カレー食べて腹を下したんだが「二日目のカレー」が痛むなんてことありえるのか?」- by 名無し (10/17), https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1592133078/, 「春の曲←「春よ、来い」 夏の曲←「HOT LIMIT」 冬の曲←「WHITE BREATH」 秋の曲←」, 「まんさん(23)シウマイ弁当を温めたら彼氏(48)に「常温が美味いんだよ!!」ってキレられた。」, ビーチ前川喜平 「加藤官房長官は説明能力が高いのではなく、誤魔化すのが上手いだけ」. ストロンガーは新技エレクトロキック(エレクトロファイヤーと同じモーションで、 遠距離攻撃だと思って飛び込んできた敵にカウンター気味に浴びせるトリック技)でライオンを撃退するが、 アジトへ入るとまたライオン。 『仮面ライダーストロンガー』感想まとめ6 “ストロンガー 電・キィック!!” ブログ「ものかきの繰り言」の方に連載していた『仮面ライダーストロンガー』 感想の、まとめ6(26~30話)です。 文体の統一や、誤字脱字の修正など、若干の改稿をしています。 仮面ライダーシリーズ登場怪人一覧(かめんライダーシリーズ とうじょうかいじんいちらん)では、仮面ライダーシリーズの映像作品をはじめ、漫画、小説、ゲームなどに登場する怪人(改造人間、宇宙人など)を一覧する。. 『仮面ライダーストロンガー』感想まとめ8 “ゴー ゴー レッツゴー 輝くマシン” ブログ「ものかきの繰り言」の方に連載していた『仮面ライダーストロンガー』 感想の、まとめ8(36~39話)です。 文体の統一や、誤字脱字の修正など、若干の改稿をしています。 戦隊・ライダー:怪人まとめ@wikiへようこそ [部分編集] 恐竜戦隊ジュウレンジャーからのスーパー戦隊シリーズと仮面ライダークウガからスタートした平成、及び令和仮面ライダーシリーズに登場した怪人 … hero saga masked rider decade ─ストロンガーの世界─ オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦 【登場話(ストロンガー)】 第14話「謎の大幹部 シャドウ出現! 怪人図鑑. 2020.09.05 update 仮面ライ … 仮面ライダーシリーズ登場怪人一覧(かめんライダーシリーズ とうじょうかいじんいちらん)では、仮面ライダーシリーズの映像作品をはじめ、漫画、小説、ゲームなどに登場する怪人(改造人間、宇宙人など)を一覧する。, 一般に怪人とは、基本的には人の形をしているものを指す場合に用いられる言葉だが、この項目ではミラーモンスター、魔化魍、オルフェノクの一部(エレファント突進態、エラスモテリウム)、アンデッドの一部(巨大邪神14)、イマジンの変型ギガンテス、ファンガイアの変型サバト、魔族のキャッスルドラン・マザーサガーク・ククルカン・月の眼など人型をしていないものについても扱う。, ここでは、『仮面ライダークウガ』より始まった「平成仮面ライダーシリーズ」及び『仮面ライダーゼロワン』より始まった「令和仮面ライダーシリーズ」の登場怪人を一覧する。その他の作品の怪人については、以下を参照。, 作品終了後、各種作品の設定を元に、別の作品(『ディケイド』関連作品や『MOVIE大戦シリーズ』や『オーズ・電王 オールライダー レッツゴー仮面ライダー』や『スーパーヒーロー大戦シリーズ』など)で新たに新登場した怪人のリストは赤くなっている。『正義の系譜』のザンジオー 強化体や『ジェネレーション』の複製ジャガーマンなどの派生形態についても同様に、赤くなっている(アビソドンなども派生形態に該当するため)。, リストの一覧において、名前の横に▼と表記されているものは「仮面ライダーやその類似する存在に変身したことのある怪人」もしくは「仮面ライダーやその類似する存在が変身した怪人」で、怪人の変身者の括弧は変身/擬態したライダー。★は各作品の節によって用法が異なっている。◆は本編最終回や最後に登場する怪人。○は作中で人間体の名前の明かされていない怪人。複数と書かれている怪人は、作品内で人間体が2体以上登場した怪人(数まで記すとその状況まで記さなければならなくなるため)。クウガ〜キバまでの☆は『ディケイド』関連作品で登場した新怪人。, マークの横に作品名が書いてあるものは、元の作品での設定ではなくマークの横の作品で新たに加わった設定(ただし、リストは赤くなっているものはその登場作品で判断できるため、マークの横に作品名は記さない)。, 『仮面ライダークウガ』に登場する怪人。※劇中、グロンギは「未確認生命体(B群)第○号」と呼称されており、名前の後の「第○号」「B群○号」は、その号数を表す。「◎」は『クウガ』本編登場。また「◎」がない怪人は本編未登場(名前のみ設定)の怪人。尚、仮面ライダークウガも未確認生命体第2号(グローイングフォーム)と第4号(マイティフォーム)として扱われた。, 下記のリスト以外にも、TV本編では怪人体の登場していないライターを持った謎の男(第5話)や、ン・ダグバ・ゼバに殺害された死体で登場した人間体のグロンギ(第38話)が登場。, 『仮面ライダーディケイド』では、ン・ガミオ・ゼダにより一般人の人間の死体が多数グロンギ化している。, 契約モンスターと契約している仮面ライダーについては、仮面ライダー龍騎の登場仮面ライダーを参照。, ミラーモンスターと契約しないとブランク体となり仮面ライダー(龍騎、ナイト、シザース、ゾルダ、ライア、ガイ、王蛇、ベルデ、ファム、リュウガ、タイガ、インペラー、オーディン、アビス)は実力を発揮できない。, ※「◎」は『555』本編登場。また「◎」が無い怪人は本編未登場の怪人。下のリストの人名は名前が明らかにされたキャラクター[5]。他にアークオルフェノクに捕食された金髪の男など人間体のオルフェノクも多数登場。また、『劇場版 555』ではスマートブレインSWAT隊を始め、スマートブレイン社員や一般人など大半の人間がオルフェノク化している。, 設定上は全てのオルフェノクが選ばれた者のみのサイガ、オーガ以外の仮面ライダー(ファイズ、カイザ、デルタ、ライオトルーパー)に変身できる。, スマートブレインの関係者ではあるが、怪人に変身していないため、オルフェノクかどうかは不明の者もいる。, ※「◎」は『剣』本編登場。また「◎」が無い怪人は本編未登場(ラウズカードのみ登場)の怪人。それぞれのカテゴリーJ・Q・Kは上級アンデッドと呼ばれる。, なお、カテゴリーAのラウズカードがないと仮面ライダー(ブレイド、ギャレン、カリス、レンゲル、グレイブ、ラルク、ランス)には変身できない。, 魔化魍は別個体が複数確認されており、体色などの差異が見られ「(発見された地名)の~~」という形で命名される。出現地域については、仮面ライダー響鬼#放映リストを参照。, ※「◎」は『カブト』本編登場。また「◎」が無い怪人は本編未登場の怪人。サナギ(ネイティブ)やサナギ(ワーム)にはゼクトルーパーであるZECT隊員に擬態・変身した者も登場。サナギ(ワーム)は黒服・喪服の女など多数の人間体が登場。サナギ(ネイティブ)にも多数の人間体が登場。, ネイティブも含む。サナギ体になってしまった人間については、#ワーム化した人間を参照。, ※「◎」は『電王』本編登場。また「◎」が無い怪人は本編未登場の怪人。「★」はカイ一派の再生イマジン軍団、「●」は死郎の再生イマジン軍団に登場する怪人[6]。, 仮面ライダーの協力者であるイマジンたちの登場作品は、仮面ライダー電王の登場キャラクター#「時の列車」に乗るイマジンを参照。一部の仮面ライダー(電王、ゼロノス、NEW電王、幽汽、G電王)はイマジンが憑依しないと形態変化(フォームチェンジ)並びに変身できない。, 「★」はビショップ(スワローテイルファンガイア)による、「■」はマンティスファンガイアによる再生ファンガイア軍団。, 下のリストの他、ネガタロス軍団(仮)に参加する人間に化けたファンガイア軍団も登場。本編にも人間体のみのファンガイアも多数登場。, 一部の仮面ライダー(キバ、サガ、ダークキバ、レイ、アーク)はファンガイア並びにレジェンドルガしか変身できず、人間が変身すると死に至る、もしくは変身できない。, オリジナルキャラクターの内、原典(元ネタ)の存在しないキャラクターのみ記述する。原典(元ネタ)の存在するキャラクターは、そちらを参照。, アポロガイストや十面鬼ユム・キミル、地獄大使(ガラガランダ)や死神博士(イカデビル)、創世王(大首領)シャドームーンやジャーク将軍、大神官ビシュム、キングダーク、ドクトルG(カニレーザー)、クライス要塞、派生キャラクターとなるスーパーアポロガイストは、それぞれ、仮面ライダーシリーズ第1期登場怪人一覧#GOD機関及びアポロガイスト(個別記事)・仮面ライダーシリーズ第1期登場怪人一覧#ゲドン及び十面鬼(個別記事)・仮面ライダーシリーズ第1期登場怪人一覧#ショッカー・仮面ライダーシリーズ第3期登場怪人一覧#暗黒結社ゴルゴム及びシャドームーン(個別記事)・仮面ライダーシリーズ第3期登場怪人一覧#クライシス帝国及びジャーク将軍(個別記事)・仮面ライダーシリーズ第1期登場怪人一覧#デストロンを参照。, 関連する大ザンギャックのライダーハンター・シルバなどについては、スーパー戦隊シリーズ登場敵対勢力一覧#大ザンギャックを参照。, ゾル大佐や蜂女、派生キャラクターとなるスーパー死神博士は、仮面ライダーシリーズ第1期登場怪人一覧#ショッカーを参照。ネオ生命体とドラス、派生キャラクターとなるアルティメットDとスーパークライス要塞は仮面ライダーシリーズ第3期登場怪人一覧#クライシス帝国と仮面ライダーシリーズ第3期登場怪人一覧#ネオ生命体を参照。, シャドームーンや宇宙鉄人キョーダイン(グランダイン・スカイダイン)、派生キャラクターとなるスペースイカデビルやスペース蜘蛛男は、それぞれ、仮面ライダーシリーズ第3期登場怪人一覧#暗黒結社ゴルゴムおよびシャドームーン(個別記事)・#宇宙鉄人・仮面ライダーシリーズ第1期登場怪人一覧#ショッカーを参照。, 関連する宇宙犯罪組織マドーの魔王サイコと軍師レイダーと派生キャラクターとなるスペースレイダーについては、原典となる『宇宙刑事シャリバン』および『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』を参照。, 『侍戦隊シンケンジャー』に登場する怪人。原典(元ネタ)の存在しないキャラクターのみ記述する。原典(元ネタ)の存在するキャラクターについてはスーパー戦隊シリーズ登場敵対勢力一覧#外道衆を参照。また、『スーパーヒーロー大戦』、『スーパーヒーロー大戦Z』、『仮面ライダー大戦』、『超スーパーヒーロー大戦』に登場した原典(元ネタ)の存在するスーパー戦隊シリーズのキャラクターについてもそちらを参照。, テレビ本編では、ドーパント以外にパペティアー・ドーパントが操る人形のリコちゃん(悪鬼の様な形相)やシュラウド(本名:園咲文音)や雪男が登場。, 財団X関係者については、本節と#財団Xの両方を参照(サドンダスなども両方を参照としているため)。, ドーパントのガイアメモリと仮面ライダー(W、アクセル、スカル、エターナル、ジョーカー)のガイアメモリ(Wのみボディメモリとソウルメモリ)はほぼ同一機能の物である。, ミュージアムを担当し、自身もドーパントだった加頭順については、こちらにも記述する。, ウェザー・ドーパントのメモリはシルバーメモリでゴールドメモリではないが、飛翔態はケツァルコアトルス・ドーパントのメモリを使用するため、ゴールドメモリのドーパント側に記載する。また、ゴールドメモリのドーパントのテラー・ドーパント、ナスカ・ドーパント、タブー・ドーパント、クレイドール・ドーパント、スミロドン・ドーパント、ユートピア・ドーパントはガイアドライバーで変身する。タブー・ドーパントの一場面やRナスカ・ドーパントは通常のドーパント同様ガイアメモリと生体コネクタで変身する。, 下のリストの他、財団X配下のマスカレイド・ドーパントが『W』本編と『フォーゼ&オーズ』に、ダミー怪人が『フォーゼ&オーズ』に登場。, 『オーズ・電王』での正体(人間体)が未登場なユートピア・ドーパントや原典でのサドンダスについては、それぞれ、#ドーパントと仮面ライダーシリーズ第2期登場怪人一覧#銀王軍を参照。, ※「◎」は『オーズ/OOO』本編登場[10]。また「◎」が無い怪人は本編未登場の怪人。この他、1000回記念としてショッカー骨戦闘員・千堂院、女性2人のショッカー骨戦闘員、小説版に魔法生物が登場。, グリード・ヤミーらと仮面ライダー(オーズ、バース、コア、ポセイドン)が使用するオーメダル(コアメダル・セルメダル)は同じものである。, ゾディアーツはゾディアーツスイッチで変身する。ラストワンになると、人間体が繭に包まれ分離する。, 『劇場版 フォーゼ』に登場する怪人。オリジナルは『宇宙鉄人キョーダイン』と『大鉄人17』。, ※『◎』は『ウィザード』本編登場。また「◎」が無い怪人は本編未登場の怪人。人間(宿主)に変身していない巨大ファントムなどの宿主やゲートは記さない(ヤミーの親なども記していないため)。, 仮面ライダー(ウィザード、ビースト、メイジ、白い魔法使い(ワイズマン)、ソーサラー)には、「魔法の国」のメイジ以外はファントムの宿主(ゲート)かファントムしか変身できない。, ロイミュード(特に魔進チェイサー)が使用するバイラルコアと仮面ライダー(ドライブ、マッハ、チェイサー、マッハチェイサー、ダークドライブ、ルパン、ゴルドドライブ、プロトドライブ、純など)が使用するシフトカー・シグナルバイクはほぼ同一機能の物である。, 眼魔が使用する眼魔眼魂と仮面ライダー(ゴースト、スペクター、ネクロム、ダークゴースト、ゼロスペクター、ダークネクロムR(レッド)・B(ブルー)・Y(イエロー)・P(ピンク)、エクストリーマー)が使用する英雄眼魂はほぼ同一機能の物である。, 一部の眼魔幹部(アデル、ジャベル、ジャイロ、イーディス(仙人))は眼魔眼魂で変身する。イゴール(眼魔スペリオル・パーフェクト)は併せてプロトメガウルオウダーを使用する。, リストの他にも人間体のみのアマゾン(レストランの客・石井や漫画『蛍火』では飯柴紬、誠司など)が多数登場。, 仮面ライダー(アマゾンオメガ・アマゾンニューオメガ、アマゾンアルファ、アマゾンシグマ、アマゾンネオ)もアマゾンズドライバーやネオアマゾンズドライバーで変身するアマゾンの一種である。, アマゾンは一部(ピラニアアマゾン(仁アマゾン態)、淳アマゾン態)を除き、アマゾンズレジスター(腕輪)を装着している。アマゾンネオ素体(千翼アマゾン態)とカラスアマゾンはネオアマゾンズレジスター(腕輪)を装着している。, ※『◎』は『エグゼイド』本編登場。また「◎」が無い怪人は本編未登場の怪人[15]。, その他にライダーガシャットタイプバグスター(ドラゴナイトハンターZ)にプロトハンターゲーマが登場。, 一部のバグスター(グラファイトバグスター、ラヴリカバグスター、ゲノムス、ロボルバグスター、ギリルバグスター、ドラルバグスター)ではガシャコンバグヴァイザーやガシャットで変身する。, 一部のスマッシュはスマッシュボトルというフルボトルで変身する。北都三羽ガラスはフルボトル(ロストフルボトル)で変身する。ナイトローグ、ブラッドスタークはトランスチームガンで変身する。バイカイザー(カイザー、カイザーリバース)、リモコンブロス、エンジンブロス、ヘルブロスはネビュラスチームガンで変身する。ロストスマッシュはブラックロストフルボトルで変身する。, ※『◎』は『ジオウ』本編登場[21]。また「◎」が無い怪人は本編未登場の怪人。『★』はアナザージオウIIが使役するアナザーライダー。, マギアは、ヒューマギアをゼツメライザーとゼツメライズキーで変貌させる。アークマギアはアークによりプログラム改変を行われたヒューマギアがアイテムなしに変貌する。, ※劇中オリジナルのみ。原典からの派生形態は原典が書いてある場所に記述。例として、ヒルカメレオン 転生体(『正義の系譜』)は、ゲルショッカーの部分に記述、複製イカデビル(『ライダージェネレーション』)は、ショッカーの部分に記述。, 藤岡弘・佐々木剛(初代) | 宮内洋(V3) | 速水亮(X) | 岡崎徹(アマゾン) | 荒木茂(ストロンガー), 村上弘明(スカイライダー) | 高杉俊介(スーパー1) | 菅田俊(ZX:TVSP), 倉田てつを(BLACK→BLACK RX) | 石川功久(シン:OV) | 土門廣(ZO:映画) | 望月祐多(J:映画), 黄川田将也(THE FIRST・THE NEXT:映画)| 藤田富・谷口賢志・前嶋曜(アマゾンズ:Webドラマ), オダギリジョー(クウガ) | 賀集利樹(アギト) | 須賀貴匡(龍騎) | 半田健人(555) | 椿隆之(剣) | 細川茂樹(響鬼) | 水嶋ヒロ(カブト) | 佐藤健 (電王) | 瀬戸康史(キバ) | 桜田通(電王劇場版) | 井上正大(ディケイド) | 稲垣吾郎(G:TVSP), 桐山漣・菅田将暉(W) | 渡部秀(オーズ/OOO) | 福士蒼汰(フォーゼ) | 白石隼也(ウィザード) | 佐野岳(鎧武/ガイム) | 竹内涼真(ドライブ) | 西銘駿(ゴースト) | 飯島寛騎(エグゼイド) | 犬飼貴丈(ビルド) | 奥野壮(ジオウ), 高野八誠・加藤和樹(THE FIRST・THE NEXT:映画) | 朝日奈寛・(ゲスト)姜暢雄(アマゾンズ:Webドラマ), 要潤・友井雄亮・菊池隆則・(ゲスト)唐渡亮(アギト) | 松田悟志・涼平・萩野崇・高野八誠・高槻純・木村剛・一條俊・日向崇・(ゲスト)黒田アーサー・(ゲスト)和田圭市・(ゲスト)加藤夏希・小山剛志(声)・(ゲスト)弓削智久(龍騎) | 村上幸平・原田篤・(ゲスト)河西りえ・泉政行・(ゲスト)溝呂木賢・(ゲスト)ピーター・ホー(555) | 天野浩成・森本亮治・北条隆博・(ゲスト)黒田勇樹・(ゲスト)三津谷葉子・(ゲスト)杉浦太雄(剣) | 渋江譲二・川口真五・松田賢二・(ゲスト)片岡礼子・(ゲスト)松尾敏伸・(ゲスト)山中聡・(ゲスト)北原雅樹・(ゲスト)湯江健幸(響鬼) | 佐藤祐基・徳山秀典・内山眞人・加藤和樹・山本裕典・(ゲスト)弓削智久・(ゲスト)小林且弥・(ゲスト)虎牙光揮・(ゲスト)武蔵(カブト) | 中村優一・大塚芳忠(声)・三木眞一郎(声)・(ゲスト)渡辺裕之・(ゲスト)緑川光(声)・(ゲスト)神谷浩史(声)・(ゲスト)松村雄基・(ゲスト)古川雄大・(ゲスト)高尾日歌(電王) | 武田航平・加藤慶祐・柳沢なな・高橋優・松田賢二・熊井幸平・山本匠馬・新納慎也・(ゲスト)堀内健(キバ) | 戸谷公人・村井良大・森カンナ・デビット伊東・池内万作・牧田哲也・川岡大次郎・栗原功平・山中聡・累央・川原一馬・成松慶彦・鈴木拡樹・岡野友紀・北村栄基・水谷百輔・森陽太・岩間天嗣・坂本恵介・エンリケ・(ゲスト)入江雅人・(ゲスト)秋山奈々・(ゲスト)稲田徹(声)・(ゲスト)藤本たかひろ(声)・(ゲスト)田中大文(声)・(ゲスト)赤羽根健治(声)・(ゲスト)根本幸多(声)(ディケイド), 木ノ本嶺浩・(ゲスト)吉川晃司・(ゲスト)コン・テユ・(ゲスト)松岡充(W) | 岩永洋昭・君嶋麻耶・(ゲスト)荒井敦史・(ゲスト)浜田賢二(声)(オーズ/OOO) | 吉沢亮・(ゲスト)真野恵里菜(フォーゼ) | 永瀬匡・中山絵梨奈・相馬眞太・川口真五・高階俊嗣(声)・池田成志・(ゲスト)戸塚純貴・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)瀧澤翼・(ゲスト)載寧龍二・(ゲスト)小倉久寛・(ゲスト)陣内孝則・(ゲスト)奥仲麻琴(ウィザード) | 小林豊・高杉真宙・久保田悠来・松田岳・(ゲスト)百瀬朔・白又敦・松田凌・青木玄徳・佃井皆美・吉田メタル・波岡一喜・(ゲスト)小山力也(声)・(ゲスト)板尾創路・(ゲスト)田中偉登・(ゲスト)片岡愛之助・(ゲスト)安藤穂乃果・(ゲスト)斧アツシ(声)・(ゲスト)岩田さゆり・(ゲスト)河相我聞・(ゲスト)中村龍介・(ゲスト)鳥羽潤(鎧武/ガイム) | 稲葉友・上遠野太洸・(ゲスト)綾部祐二・(ゲスト)及川光博・(ゲスト)松岡充(声)・(ゲスト)真剣佑・(ゲスト)片岡鶴太郎・(ゲスト)蕨野友也・(ゲスト)松島庄汰(ドライブ) | 山本涼介・磯村勇斗・(ゲスト)かでなれおん・(ゲスト)竹中直人・(ゲスト)八十島弘行・(ゲスト)ツネ・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)木村了・(ゲスト)沢村一樹(ゴースト) | 岩永徹也・瀬戸利樹・松本享恭・松田るか・小野塚勇人・甲斐翔真・貴水博之・(ゲスト)堂珍嘉邦(エグゼイド) | 赤楚衛二・武田航平・越智友己・小久保丈二・水上剣星・前川泰之・金尾哲夫(声)・(ゲスト)勝村政信・(ゲスト)進藤学・(ゲスト)趙珉和・(ゲスト)勝杏里(声)(ビルド) | 押田岳・渡邊圭祐・(ゲスト)大幡しえり・(ゲスト)多和田任益・(ゲスト)鈴木勝大・(ゲスト)入江甚儀・(ゲスト)財木琢磨・(ゲスト)菅原健・(ゲスト)中島健・(ゲスト)斉藤秀翼・(ゲスト)パパイヤ鈴木・(ゲスト)山口大地・(ゲスト)篠田諒・(ゲスト)ISSA・(ゲスト)杉田智和(声)・(ゲスト)坂井易直(声)(ジオウ), 岡田龍太郎・井桁弘恵・砂川脩弥・中川大輔・桜木那智・山口大地・中山咲月・速水奨(声)・(ゲスト)山本耕史・(ゲスト)伊藤英明(ゼロワン) | 山口貴也・青木瞭・富樫慧士・生島勇輝・唐橋充(セイバー), ベノスネーカー、エビルダイバー、メタルゲラス、ダークウイング、ボルキャンサー、デストワイルダー、ギガゼール(紫)、ブランウイング、バイオグリーザが合体した巨大ミラーモンスター。, 「テレまんがヒーローズ」2009年春号および「スーパーヒーローズ」3巻の漫画版『ディケイド』にも登場している。, 厳密にはフォーティーンを封印したラウズカードはなく、復活のための生贄・栗原天音が封印されている。, 劇中では登場していないが、ジョーカーラウザー(カリスラウザー)で全てのラウズカードのアンデッドに変身可能である。, 書籍「週刊 仮面ライダー オフィシャル データファイル」や「ディケイド特写写真集」では「グラディウス」と表記されている。, いないように見えるが「ディケイド特写写真集」の劇場版登場怪人一覧に名前が載っている。「週刊 仮面ライダー オフィシャル データファイル」には劇場版登場の記載は無し。, 『ディケイド』のテレビ本編と『ディケイド』ヒーローショーでは同一の人物が変身しているかは不明。だが、ヒーローショーの序盤ではそれを装い、門矢士もそれを疑わずに信用している。, 他のイマジン同様、未契約時は砂状態の未契約が登場するが、「時の列車」に乗っている場面では未契約時でも契約後と同じ状態となっている。, 初登場時から契約しているが、後に精神体が登場。その後、派生作品などでも未契約態が登場している。, 『ディケイド』のヒーローショーでは、大ショッカーが再生したバットファンガイアを改造して作り出した紅渡の模造品とされている。, 変身直後のみ通常の青色の体でレベル3になると赤色に変化する。超全集ではナスカ・ドーパント(レベル3)との記述がある。, ミュージアム関係者は鏡野キクのみ。鏡野キクはハイドープであり『街』にも協力している。, ここではNECRO OVERとして登場した作品のみ記述する。『エターナル』時点ではNECRO OVERではなかったため記していない。, アンクは右腕のみで泉信吾の肉体に憑依した状態で登場。最終的には分離後も泉信吾の姿に擬態する。, 劇場版『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』での擬態した姿。, ピクシス・ゾディアーツ、カリーナ・ゾディアーツ、プッピス・ゾディアーツ、ヴェラ・ゾディアーツの合体したゾディアーツ。, キャラクター|仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー|テレビ朝日, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=仮面ライダーシリーズ登場怪人一覧&oldid=79544219, オリジナルのアマゾン/TEAM X(キス)・4Cの仮面ライダー(アマゾンライダー). 「ウルトラ怪獣」は割と印象に残るやつ多いけど、「仮面ライダーの怪人」ってほとんど覚えてなくね?,当サイトは、主にネット内にある情報を引用し、面白、お役立ち、ニュース記事を作成・発信するサイトです。 !」~第38話「出現!ライダー1号2号」 kaijin. © 2020 漫画とアニメ情報局 All rights reserved. 作品を選ぶ. ジャガーロード パンテラス・ルテウス. 『仮面ライダーストロンガー』感想まとめ8 “ゴー ゴー レッツゴー 輝くマシン” ブログ「ものかきの繰り言」の方に連載していた『仮面ライダーストロンガー』 感想の、まとめ8(36~39話)です。 文体の統一や、誤字脱字の修正など、若干の改稿をしています。 仮面ライダー; 怪人; 登場人物; アイテム・その他; 用語辞典; 仮面ライダーweb. 仮面ライダーのモデルとなった昆虫・虫をまとめてみました。1号ライダーのモデルが虫ということで、歴代仮面ライダーは虫の要素を深く受け継いでいますね。, バッタ、トンボ、カマキリ、カブトムシなど、様々な昆虫・虫がモデルとなっている仮面ライダー。中には、サソリ、クモなどの珍しい虫をモデルにした仮面ライダーもいました。, 仮面ライダーのモデルの昆虫で最も多いのが、バッタです。全ての仮面ライダーの元となった1号のモデル昆虫がバッタということもあって、何人もの仮面ライダーのモデルとなっています。, 仮面ライダーの特徴ともいえる大きな複眼、そして触覚。さらに目と目の間にあるランプ、ギザギザした顎などは、以降の仮面ライダー作品に継承されていますよね。, そういう意味では、全ての仮面ライダーのモデルとなった虫はバッタといえるかもしれません。まぁ、エグゼイドあたりは虫の要素が感じられませんが汗。, 秋をイメージする昆虫・トンボ。トンボをモデルとした代表的な仮面ライダーは、シリーズ2作目のV3です。, V3の赤いマスクが赤とんぼを連想させますね。大きな複眼も共通しています。トンボ自体は強いイメージはありませんが、対照的にV3はかなり強いですよね。, ちなみに、「仮面ライダーカブト」に登場する仮面ライダードレイクもトンボがモデルとなっています。ドレイクは近接格闘タイプではなく、遠距離で攻撃する狙撃タイプでした。そのあたりはなんとなくトンボのイメージに近い気がします。, バッタに次いでモデル昆虫で多いのが、カブトムシ。男の子が大好きな昆虫ですよね。固そうで強そうな虫のイメージは、ヒーローとして活躍する仮面ライダーのモデルにピッタリな感じがします。, ストロンガーをはじめ、ブレイド、カブトなどのモデルとなっています。個人的に印象的なのは、「仮面ライダーカブト」の主人公であるカブト。赤黒く光るボディと頭の1本角はまさにカブトムシです。, 「最強の仮面ライダー」というテーマで制作された本作は、昆虫界の王様ともいえるカブトムシのイメージとぴったり合います。, ちなみに、「仮面ライダーカブト」には、ヘラクレスオオカブト、ケタロスオオカブト、コーカサスオオカブトなどがモデルとなった仮面ライダーも登場しています。, 続いてのモデル昆虫は、イナゴ。水田にいるアイツですね。日本では、稲を食べる害虫として扱われています。バッタ亜目・イナゴ科に分類される虫ということで、見た目はバッタに近いですね。, そんなイナゴがモデルとなった仮面ライダーは、スカイライダー。ベルトの重力低減装置によって、自由自在に空を飛ぶことが出来ます。飛行能力もイナゴ由来のものですね。, また、スカイライダーのマスクの後ろ側は襟足のように伸びている点も、イナゴ感を醸しています。, 攻撃性が高く、好戦的かつ狂暴。巣に近づくものを容赦なく攻撃します。スズメバチによる死亡例は、熊や蛇のそれよりも上回ります。日本の虫の中でも最も怖いと恐れられている虫ですね。, 黄と黒の縞模様は、本能的に恐怖を与えますよね。そんな恐怖の虫・スズメバチがモデルとなった仮面ライダーは、スーパー1。銀色に光るボディはスズメバチ感はないですが、吊り上がった目元は攻撃的なスズメバチを連想させます。, その他には、「仮面ライダーカブト」に登場したザビ―などもスズメバチがモデル昆虫です。スーパー1よりは、ザビ―の方がスズメバチ感がありますね。, 大きくて長い触覚と、顎が特徴的な昆虫です。見た目は恐ろしいですが、ごく一部の種類を除いて草食です。, そんなカミキリムシがモデル昆虫となったのは、仮面ライダーZX。赤と銀のボディが印象的な仮面ライダーZX。一見カミキリムシ感はしないですね。一部では、後付け設定なのではないかという噂もあります。, 平成仮面ライダーであれば、「仮面ライダーアギト」に登場する仮面ライダーギルスもカミキリムシがモデルとなっています。, 引用元:http://tigadynagaia.jugem.jp/?eid=497, カブトムシに次いで人気のある虫。巨大な大顎が戦国武将の甲冑のようですよね。子供に人気が出るのも納得のカッコよさです。その人気ゆえに、モデルとなった仮面ライダーも多いですね。, 平成仮面ライダー1作目の「仮面ライダークウガ」の主人公・クウガをはじめ、「仮面ライダーアギト」のG3、「仮面ライダーカブト」のガタックなど、多くの作品でクワガタがモデルとなった仮面ライダーが登場しています。, バッタ目に分類される昆虫。広くみれば、バッタと同じ種類の虫ですね。その見た目もバッタやイナゴに近いものを感じます。, コオロギがモデルとなったのは、「仮面ライダー龍騎」に登場したオルタナティブ。正式には仮面ライダーではなく、疑似ライダーと呼ばれる存在です(作中の13人の仮面ライダーには数えられないため)。, 公園などで見かけるカマキリ。昆虫の中でも知名度の高い虫だといえます。大きな鎌が特徴的な昆虫ですね。, そんなカマキリがモデルとなった仮面ライダーは、「仮面ライダー剣」に登場した仮面ライダーカリス。劇中では、カマキリの祖・マンティスアンデッドをカードに封印していますね。, よく見かける虫ランキングを作ったら1位か2位にランクインしそうなほど目にする虫です。日本では、至るところにクモの巣が張られていますよね。ちなみに、クモは昆虫ではありません(8本足なこと、触覚がないこと、頭部と胸部の境が明確でないことが根拠とされる)。, そんなクモがモデルとなった仮面ライダーは、「仮面ライダー剣」に登場したレンゲル。仮面ライダーに限らなければ、怪人のモデルとして多数登場しているイメージですね。, 日本では見かけることのない虫ですよね。2本のはさみ、そして尻尾に針を持っている姿が特徴的な虫です。生物学的にはクモの仲間に分類されるみたいです。, 毒があるサソリもいることから、凶悪なイメージがある虫・サソリ。正義のヒーローである仮面ライダーのイメージとは対照的ですよね。, そんなサソリをモデルにした仮面ライダーが、「仮面ライダーカブト」に登場するサソード。全身紫色のかっこいい仮面ライダーです。頭部には、サソリを連想させる針らしきものがあります。, ソードを武器にして戦うことから、「サソリ」「ソード」でサソードという名前になったと思われます。, 昆虫・虫がモデルの仮面ライダーを紹介してきました。1号ライダーをはじめ、多くの仮面ライダーが虫をモデルにしてデザインされているようですね。, ただ、虫モデル以外にも多くの仮面ライダーは存在しています。特に平成2期以降の仮面ライダーは虫以外のをモデルとすることが多い傾向にあります。, 動物をはじめ、鬼、バイク、車、隕石、ロケット、ブラックジャックなどなど。多くのモデルが存在するようですね。以下では、全仮面ライダーのモデル・モチーフを紹介しています。.

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生, パストリーゼ 携帯用 空容器, イヌブナ 花, 鬼 滅 の刃 22巻 値段, リレンザ 画像, 浜辺美波 結婚 横浜流星, 鬼滅の刃 漫画何巻まである, 作業 反対語, はるかに 短文, ドリップコーヒー 通販 安い, うろこだきさこんじ 顔, 桜流し コード, Google 不具合, ワンオクtaka 家族, 更新 英語, 柳の木 クワガタ, 進撃の巨人 コミック, コナラ 幹, 白猫アオイの 城, ツイッター フォローのみ, 池谷のぶえ ヨシヒコ, Zip 金曜日新パーソナリティ, 堀内敬子 マッサン, Into The Light, 特有 類義語, 抱き枕工房 評判, エミリー ホラー映画, 菊池桃子 年齢,