また多くの文化は同族同類である人の肉を食する事を道徳上・宗教上・衛生上の理由によりタブーとしてきた(詳細は後述の食のタブー#人肉食へのタブーを参照)。, また、栄養価上や衛生上および習慣上の見地から単に人間用の食材と考えられていないためにタブーとなる例もある。一部地域を除く多くの文化にとっては多くの無脊椎動物(昆虫類)やネズミなどがこれに該当するが、これらに対するタブーが立法化される例は、高い価値が認められている生物の例よりも少ない。

一方密告したキチジローは告解をするためにロドリゴに会いたいと奉行所の門の前で泣き叫んでいる。 苛烈な拷問に苛まれる信者たちとともにガルペは殉教してしてしまう。ロドリゴは神に奇跡と救いを求めるが、神はなんらの言葉も奇跡も与えてくれずただ「沈黙」するだけだった。, 逃亡を続けるロドリゴは案内役だったキチジローに密告され、捕らえられる。連行されるロドリゴの行列を、泣きながら必死で追いかけるキチジローの姿がそこにあった。, ロドリゴは棄教した師匠フェレイラと会うことになる。そこで日本人にキリスト教は必要なのかという命題を突きつけられる。 遠藤周作の作品「沈黙」を原作としたM・スコセッシ監督の「沈黙 サイレンス」が2017年公開することになりました。2度めの映画化ですね。, 日本からは主要キャストとして窪塚洋介さん、浅野忠信さん、イッセー尾形さん、塚本晋也さんらが参加し、ハリウッドからはリーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、アンドリュー・ガーフィールドらが参加しています。, さて話題になっている「沈黙」ですが、深く重たい宗教的なお話です。あらすじを紹介しておきます。, 島原の乱後、宣教師クリストヴァン・フェレイラが、日本での布教でキリスト教禁止令に屈して棄教したという。弟子のセバスチャン・ロドリゴとフランシス・ガルペは宣教をすべく日本に潜入する決意を固める。 聖書、北欧神話、ギリシア神話のカラスだけでなく、日本神話の八咫烏も、ふつうのカラスよりもはるかに大きな体躯をしていたと記紀(『古事記』と『日本書紀』を併せた略称)に記されていることから、ワタリガラスだった可能性が指摘されている。 食のタブー(しょくのタブー)とは、飲食において宗教、文化上の理由でタブー(禁忌)とされる特定の食材や食べ方である。.

寄港したマカオで日本人のキチジローと出会う。キチジローが案内役となり、五島列島に潜入することができた。, 彼は現地にまだ居た隠れキリシタンに会うことができ、布教の足がかりを得るが、やがて長崎奉行所に潜入を悟られ追われる身となる。 // -->, マルコの福音書と他の福音書との間の矛盾. ヒンドゥー教、ジャイナ教、仏教(戒律の五戒で初期仏教の三種の浄肉以外)は肉食を禁止しているため、これらの宗教の信者は今でも多くが菜食主義者であり、精進料理を調理し食べる習慣がある[2][3]。, ラスタファリ運動も菜食を奨励する。キリスト教のセブンスデー・アドベンチスト教会では、ユダヤ教の戒律に準じた食品の摂取と菜食主義を奨励している。キリスト教文化においては、かつて金曜日はキリスト受難の日として肉食を避けるべき日とされ、魚を食べる習慣があった。, 現在でもポーランド、南ドイツ等のカトリック勢力の強い国あるいは地域では、この習慣が残っている。なお、正教会では今日でも、水曜日(キリストが裏切られた日)と金曜日には肉、魚、卵、乳製品、植物油、酒類を摂取しない習慣がある。ただし、カトリックにおける小斎、大斎、正教会における斎(特定の日に特定の食物の摂取を控えること)は、厳密な意味の食のタブーではない。実際、ローマ教皇庁は金曜日に肉を食べてはいけないとの公表はしていない。正教会の場合、斎の実行は、個人の自由意志に基づくものとしている。, 道教の道士は肉や魚、ニラやニンニクの類などの五辛を禁じられていた[4]。また、長生きするためには火を使った料理を食べてはいけないと説かれていた[5]。, 特定の食材が心理的な背徳感を喚起するため、食用とすることができない。役畜(ウシやウマなど)、ペット動物(イヌ、ネコ、ウサギ)、高い知能を持つと考えられている動物(クジラなどの哺乳類)、絶滅危惧種など、社会で高い価値が認められている動物や植物がこれにあたる。これらに対するタブーは立法化されることが多い。また、一般に食用と考えられている動物でも、ペットとして接することによって特定の個体が擬人化され、食材とみなすことができなくなる場合もある。社会価値の変遷により、何をタブーとするかは同じ社会においても急速に変化する可能性がある。 [18], 霊長類を食べることは種の相似性からウイルス感染の危険性を増加させる。エイズやエボラ出血熱の感染源は類人猿の肉を食べた事にとって感染したと考えられているが、加熱不足な肉でないかぎり感染の危険性は無いとも考えられている。, 肉類は寄生虫の感染や食中毒を防ぐために火を通して食べることが多い。生肉を食べることは多くの国で暗黙のタブーとして存在し、焼かない肉を食べるのは野蛮あるいは危険だとか、食べる際に血液がにじみ出る様が嫌がられる(次の項目を参照)など、嫌われる理由は色々ある。生魚を食べる習慣がなかった地域では、生魚も生肉と同様に嫌われることが多かったが、近年は食される機会も増えつつある。, ユダヤ教徒、イスラム教徒やエホバの証人の信者は、飲血や血から作られた食物をとることを禁じられている[2]。生きたまま動物を食べる踊り食いも、血を含むため禁じられる[19]。ユダヤ教では血抜きを徹底するため、食肉を塩水に漬ける必要がある。キリスト教において律法規制を大幅に緩和したエルサレム会議でも血液食の禁止は維持されている。しかし西方教会の信仰される地域ではそれ以前からの血液の食材利用の伝統が存続している。また、ポルトガルではアロース・ドゥ・カビデラ(Arroz de cabidela)というニワトリやアヒルの血入りのリゾットが郷土料理となっている。, 屠殺の主要な副産物である血液は非常に栄養価が高いため、世界各地で食用とされてきた。ブーダンやスンデ、ブラックプディングなどのブラッドソーセージは世界の多くの地域で非常に有名であるにも拘らず、一部の社会では気持ち悪がられることがある。, ユダヤ教では、肉食の鳥類を不浄としている。また、鳥類のジビエも屠殺されていないためカーシェールではなく、不浄である。, 古代から中世にかけてのヨーロッパでは、ハクチョウやクジャク、ズアオホオジロなどが食通によって賞味され、カラスも食べられたが、今日の欧米では一般的な食材とは見なされない。, かつてベンガル地方では、若い娘がアヒルの卵を食べることを禁じた。アヒルの卵は体に熱を与えると信じられているため、貞操を危機にさらす効果があると考えられたためである[20]。, 台湾東方の孤島・蘭嶼の原住民であるヤミ族は、鶏卵の食用をタブーとする。日本統治時代、島を訪れた日本人の食後の後片付けで食器を洗う際、生卵が入れられていた器を触れるのさえ嫌がったという。, ユダヤ教徒は、『レビ記』により鱗と鰭を持たない水生動物を不浄とすることから、水中に住むにもかかわらず鱗をもっていない淡水ウナギやナマズのような魚の摂食を禁止している。イスラム教シーア派は淡水ウナギを不浄としている。, かつてハワイ王国では、女性はアジ(ulua)やハクセンヒメジ(kūmū)を食べることを禁じられていた[14]。

thankyou(); 調しています。ペテロがイエスを知らないと一度否定しただけですぐ鳴いてしまう68節の「鶏が鳴いた」はまずい、と思ったのでしょう。, 聖書の形成過程とは実に人間臭いものです。聖霊は何をやっていたのでしょうか。, 貴重な資料の提供、ありがとうございました。,