開成高校のグラウンドで見たもの。それは想像とはまったく別の世界だった。  本を読み終えた僕は、その勢いのまま奥付に載っていた新潮社の番号に電話し、著者の高橋秀実さんに会わせてもらうことにした。 「クレバーで論理的、という意味では当初のイメージ通りでした。ただ、論理に論理を重ねて、その結論が『ドサクサ』。一気に大量点を奪ってコールド勝ちする。ギャンブル。そういった部分は意外でしたね」 「我々の世代で『野球部』といったら、最も運動能力が高い、スポーツ万能が集まる部というイメージです。練習は厳しいし、坊主頭だし、学校中の期待を背負っている。『普通じゃない』っていう感覚はありましたね」 「たぶん新聞記事を読んだのだと思うんですけど、開成が東東京大会のベスト16に進んだという内容でした。『開成ってあの開成? そもそも野球部あるの?』と思ったのと、監督のコメントが頭に残りました」 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 「授業が終わって3時半に部員が集合して準備を始めるんですけど、ネットを運んだり、サッカーゴールを移動したり、ベンチを持ってきたり…。その準備を見ていると、4時半になりかねない(笑)。その頃には日が暮れ始めてる。するともう片付けに入らないといけない」  バントをしない。スクイズをしない。サインプレーはない。とにかく、強い打球を打つ。通常の練習メニューも原則、部員たちからアイデアを挙げ、実行に移している。そうした自主的な取り組みで2005年には東東京大会5回戦、07、12年には同4回戦と進学校はコンスタントに存在感を示してきた。同校野球部は、かつて書籍やテレビドラマのテーマになるなど、独自のスタイルを継続している。  そこで、「開成のセオリー」が登場するわけだが、これがまた目を剥いて見てしまうような内容ばかりなのだ。  この物理法則のような青木監督の打撃理論の存在を知り、高橋さんは「さすが開成だなぁ」と思ったという。指導者も、そして恐らく選手も頭脳派集団で、その頭脳プレーの延長線上にこのベスト16という結果があったのだろうと推測した。  信じられないことに、開成野球部の全体練習は1週間に1回しかない。グラウンドが他の部活と共用のため、それしか使用できないのだ。  高校時代は夏に野球部の応援にかり出されたこともあったという。そんな高橋さんの「野球部」とのかかわりは、ここから30年近くパタッとなくなる。そしてノンフィクション作家となっていた2005年の夏、ある野球部の存在を知った。 「とにかく『あぶない!』って思いましたね。キャッチボールをしていても、投げるほうも捕るほうもヘタだから、いつも誰かのボールが後ろにそれる。おちおちメモを取るために下も見られない。『あぁ、野球って危険なスポーツなんだな』と改めて思いました」 『弱くても勝てます』には、青木監督のこんなコメントが出てくる。 「雨で中止になって、次の週は中間試験の1週間前で練習がなく、その次の週は試験期間中でまた中止…。つまり、練習が1カ月に1回しかないなんてこともありました。こんなに少ないのか…と驚きましたね」 書籍『野球部あるある』(白夜書房)で「野球部本」の地平を切り拓いた菊地選手とクロマツテツロウが、「ありえない野球部」について迫る「野球部ないない」。  前回までの「帝京野球部あるある」に続いて、今回から取り上げるのは、帝京と同じ東東京、それでいてまったく対照的なチームカラーの開成高校。全国トップの進学校にはどんな「野球部あるある」があるのか? 話題の書籍の著者に「開成野球部あるある」を聞いてきた!, 電車の中で本に夢中になっていて乗り過ごすことはよくあるが、一日に乗り過ごしたのが3回、反対方向の電車に乗ってしまったのが1回というのは初めて。「この本を読み終わらないと、一生家に帰れないのではないか?」とすら思った本が、『弱くても勝てます 開成高校野球部のセオリー』(新潮社)だった。 【開成野球部あるある1】 「週に1回はA4用紙1枚の文面で、今やるべきことなどを配布していますが、果たして目を通しているか……(苦笑)。もともと、1から10まで手取り足取りではありませんので。全体練習は週1回。監督が見ていないところで、いかに自立して考えて動き、グラウンドで実践することを追い求めてきました」 その幻想はもろくも崩されたが、高橋さんは開成・青木監督の考え方を聞いて、初めて「甲子園」を意識するようになる。 『開成ってあの開成? そもそも野球部あるの?』と思ったのと、監督のコメントが頭に残りました」 その開成・青木秀憲監督のコメントとは、監督が提唱する「正面衝突理論」という打撃論だった。 《青木監督によるとバッティングとは「物理現象」。 1999年から開成高を率いる青木秀憲監督は東大野球部ob。95年からは東京六大学リーグ戦の審判員として運営面でも活躍している 「青木秀憲」という名前の人のプロフィールを表示Facebookに参加して、青木秀憲さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。  今後、通常授業となれば、週1回の部活動も3カ月ぶりに再開する予定である。活動休止期間中、部員主導でオンラインミーティングを実施したという。内田主将からの事後報告に青木監督は「それが、あるべき姿。うれしかったですよ」とニンマリ。「これまで自分がやってきた、指導の真価が問われる」。全国トップの進学校・開成高では「究極の自主性」を、野球部員への評価対象としている。 《下手なのである。それも異常に。》(同)  東大の合格者数で39年連続1位の開成高(東京)も、6月1日から分散登校が始まった。2週間様子を見て、15日から通常授業を目指している。新学年の4月以降はリアルタイムでのリモート授業、課題学習を提示、動画を制作しての教材配信など、各先生が工夫を凝らしてカリキュラムを消化してきたという。  1961年生まれということは、甲子園を沸かせた牛島和彦(元・ロッテほか)やドカベン・香川伸行(元・南海)の浪商バッテリーと同い年にあたる。しかし、高橋さんが学生時代に入っていた部活は柔道部だった。  待ち合わせ場所の喫茶店に、高橋さんは座っていた。黒縁めがねと口周りを覆う髭が特徴的な男性だった。  都道府県高野連で検討を重ねている「独自の大会」「代替大会」については――。 文=岡本朋祐 写真=開成高校野球部提供, 【MLB】DeNA、今オフFAのCY賞候補バウアーにラブコール “逆オファー”に「お電話ください」, 菅野智之は今オフ米移籍か 巨人は「大物FA投手」ダブル獲りに動く可能性も?〈dot.〉, 南野拓実の先発抜擢ならず…。リバプールは不安視されたフィルミーノを外さずにエバートンとの大一番へ, 5億円以上の借金を抱えて…。元リバプール戦士が「イスタンブールの奇跡」の優勝メダルをネット販売, 「この機会を待っていた…」久保建英がついにスタメンか!“冷遇批判”の指揮官が注目コメント, Copyright © 2020 株式会社ベースボール・マガジン社 無断転載を禁じます。. 【開成野球部あるある2】  開成野球部は前述した青木監督の「正面衝突理論」を実行しながら、練習時間のほとんどを打撃練習に割く。ベスト16に進出したチームは5試合で49得点。1試合平均10点近い攻撃力を誇っている。特徴的なのは「2番に最強打者を置く」ということだろう。 《一般的な野球部のセオリーは、拮抗する高いレベルのチーム同士が対戦する際に通用するものなんです。同じことをしていたらウチは絶対に勝てない。普通にやったら勝てるわけがないんです》 誰からも驚かれる「全体練習は週1回」。 『開成ってあの開成? そもそも野球部あるの?』と思ったのと、監督のコメントが頭に残りました」 その開成・青木秀憲監督のコメントとは、監督が提唱する「正面衝突理論」という打撃論だった。 《青木監督によるとバッティングとは「物理現象」。バットの芯が楕円軌道を描き、その直線部分に球を正面衝突させる》(『弱くても勝てます』より) 青木秀憲.  野球部は政府の休校要請を受けてから活動停止。1999年からチームを率いる青木秀憲部長兼監督はこの3カ月、主将・内田開智(3年)と連絡を取る以外、部員との接触はない。  キャッチボールも満足にできない部員たち、極端に少ない練習量。とうてい「都大会ベスト16」のチームとは思えなかったが、高橋さんは最初の取材を通して「もしかしたら甲子園に行けるかもしれないな」という感触を得たのだという。 (つづく)  下位打者が作ったチャンスに回ってきやすいのが最強の2番打者。そこで長打で走者を還し、相手の動揺を誘ってビッグイニングにつなげる。青木監督は《ドサクサに紛れて勝っちゃうんです》(同)と表現した。 「西の灘、東の開成」とも称される全国トップの進学校・開成高校。その野球部を描いたルポルタージュなのだが、その内容があまりに面白すぎた。開成野球部の驚くべき「セオリー」に触れていくうちに、「野球」というスポーツを根源から考えさせられた。そして、世の中にこんな野球部が存在しているということにうれしさを覚えた。  貴重な練習時間が準備と後片付けで削られてしまう。「頭脳派」のイメージからはかけ離れた、なんとも非効率で皮肉な状況。雨が降ってグラウンドが使えないとなると、練習は中止になってしまう。 勝つための究極のセオリーは「ドサクサ」。  その開成・青木秀憲監督のコメントとは、監督が提唱する「正面衝突理論」という打撃論だった。 野球は危険なスポーツということを思い出す。, 【センバツの見どころ】ストップ大阪桐蔭。通算44発の東海大相模・森下翔太にダークホースの初出場校, 大学日本代表対NPB選抜、関西オールスター、東都・国際親善試合……いつもとは違う大学野球を総まとめ, 圧巻リリーフの甲斐野央、快音響かす頓宮裕真、ファーム降格の小園海斗ら開幕1軍ルーキーたち, ボーアはブラゼル? オースティンはロマック? エスコバーはシーツ? あの新助っ人は見た気がする, 【ザ・カープ伝説!】真面目なのにインチキ? 石原慶幸には“一握の砂”など不思議な珍プレーが多すぎる, 開幕投手回数ベスト5は皆200勝達成、中田翔らの劇的本塁打は? プロ野球 開幕戦トリビア�@, 2020年オフのFA市場 野手編〜山田哲人、田中広輔、西川遥輝がFA取得。山田は争奪戦必至, 左投手がいない!?  5月20日、全国大会(甲子園)と地方大会中止が発表。青木監督は私見を述べる。 【開成野球部あるある3】 著者でありノンフィクション … 監督「田茂青志」のモデルとなっているのは、現在開成高等学校にて保健体育科教師で硬式野球部監督を務める青木秀憲氏(43歳)です。 「弱くても勝てます」というのも、青木氏の言葉です。 実は、私の故郷隣町の群馬県立太田高等学校の出身でした。 野球は危険なスポーツということを思い出す。 《青木監督によるとバッティングとは「物理現象」。バットの芯が楕円軌道を描き、その直線部分に球を正面衝突させる》(『弱くても勝てます』より)  開成高にとっては「甲子園」を目標設定するのは、あまりにも「現実味がない」(青木監督)という。そこで指揮官はここ数年「シード校レベルと互角に戦うレベル」を追求している。甲子園を狙う強豪校と善戦できれば、全国の空気を体感できる。実体験を得られれば、次なる目標設定にアップデートが可能なのだ。  こうして開成野球部に興味を持った高橋さんは、スポーツ雑誌『Number』(文藝春秋)の取材で初めて開成野球部の練習を訪れることになった。高橋さんにとって、初めての野球部取材だった。  無駄を排除し、科学的な裏付けに基づいたクレバーなチーム。 今回の【開成野球部あるある】 このドラマでは、二宮和也演じる研究者職を失った若者が、進学校である母校の理科教師、そして野球部監督になる話ですが、この原作となっているのは画像にある上記の著作です!, もっとも開成高校と違って、ドラマでは共学校で、容姿がいい野球部員ばかり、しかも野球部女子マネ役が「有村架純」となると、ちょっとリアリティがなくて心配ですけれど。, 可愛い女子マネージャーがいたら、どんな部でも入部希望者増えて、活き活きするでしょうに!, 監督「田茂青志」のモデルとなっているのは、現在開成高等学校にて保健体育科教師で硬式野球部監督を務める青木秀憲氏(43歳)です。, 実は、私の故郷隣町の群馬県立太田高等学校の出身でした。太田高等学校は、高校時代では3年ごとの全校対抗戦をしたり、浪人時代の友達が沢山いた学校なので、とても興味を持ちました。, ということは、私が高校3年時の対抗戦(1992年)は「ホーム戦」だったから、1986年の対抗戦で私の母校に来たのか(内輪話失礼!)。, もっとも、田茂青志は研究者崩れの理科教師で母校に赴任ですが、青木氏は一浪して東京大学文科三類に合格し、教育学部・大学院教育学研究科でスポーツ科学の修士号を取ると同時に、東京六大学の審判員も務めて後、保健体育教師として開成高等学校に赴任しました。, 高校時代は硬式野球部に在籍しながらも、打力の低さもあったらしく、ベンチ入りメンバーにはなれたものの「外野手の控え」で、浪人した以上は出来れば名のある大学行きたくて、レギュラーで野球がしたくて、東京大学に合格・入学したものの、あの弱小扱いされる「東大野球部」ですらも高校時代でも野球部のレギュラークラスだった選手でない限り、試合には出られない現実を知ったそうです。, そのため、1年足らずでマネージャーに転向し、大学院進学後は大学野球の審判員も務めるという、いわば日陰での活躍でした。, しかしながら、このマネージャー経験がチーム運営の上でかなり有益なものとなり、審判員としてあの高橋由伸(慶應義塾大学:現在読売ジャイアンツ)のバッティングを目の前で見られたことから、打撃指導の上で最高の手本に出来たそうです。, それは、選手時代に「高校野球史上、左バッターでは王貞治と並ぶ万能打者。」と呼ばれた阿久沢毅監督(桐生高等学校ー群馬大学)でした。, 思えば、最近活躍の大谷翔平(北海道日本ハム)が岩手県・花巻東高等学校時代に打者としても大活躍していて(高校全日本で4番)、それを見たある知り合いからは、「左では阿久沢以来の万能打者」なんて言われました。, 阿久沢氏は、後にプロ野球に行くような同年代選手達が「阿久沢には到底かなわなかった。ああいう選手がプロに行くものだと思っていた。」という位、長打力のみならず、打撃技術・守備能力の高さ・脚の速さと、万能の選手だったのですが、本人はプロ野球の世界に抵抗を感じていて、「小学校教師として子供に野球を教えたい」という考えを持っていました。, プロ野球全球団のスカウトに断りを入れ、同僚のエース投手だった木暮洋投手(一浪して早稲田大学ー東芝)の付き合いで早稲田大学の野球実技試験を受けた所、熱心に受験を進められたのですがそれも断り、初志貫徹して地元の群馬大学教育学部に進学・卒業し、小学校教師になりました。, もっとも、群馬県の野球界では大物過ぎたためどうしても「一小学校教師」としては放ってはおかれず、高校時代の監督の後任として群馬県立太田高等学校の保健体育科教師・野球部監督になり、20代後半で門下生だったのが前述の青木氏でした。, 後に、群馬県の桐生高等学校・渋川高等学校を経て、現在は勢多農林高等学校(前橋市)の監督を務めています。, そういえば、2年ほど前は練習の合間に「田植え」を採り入れるようなことも報道されていました。, 選手としては大成出来なかった青木氏ですが、保健体育教師・高校野球部監督としてはしっかり「理念」を受け継いで、体力・運動神経で不利な進学校の生徒にも「弱くても勝てる」という気持ちを植え付けられる、打撃理論や戦術を構築しました。, 個人的に経験あるので実感するのですが、東京に出るとどこか引け目を感じてしまう「地方公立高校出身」ということも、フィールドによっては活躍出来る所も多分にあるというのを再認識させてくれて、素晴らしいと思います。, 【明日スタート】弱くても勝てます:①田茂青志のモデルと、知る人ぞ知る「恩師」 | コバちゃんのフリーブログ. 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!, スペシャルインタビュー 復活のカットボール! 中日レジェンド・川上憲伸のYouTube奮闘記, 演出音の是非、外国人選手枠の拡大の影響、6タテ発生……非常事態下のプロ野球から見えたこと, 最後の夏に賭ける実戦派バッテリー・野島勇太&上林直輝(神戸弘陵)〜プロ注目の逸材インタビュー, 1996年以来優勝なしも先発は充実。ジョーンズ加入で得点力アップ? 今年こそがんばれオリックス!, オンライン飲み観戦&反省会、ホテルからの上空観戦、球音を楽しむ日々、無観客でもプロ野球は楽しい.  こうして高橋さんは開成野球部の取材へとのめり込んでいくわけだが、さらなる仰天の「開成野球部あるある」が待ち受けていた。 「多くの高校は、地方大会で終わるわけですから、実を結んでほしいと思います。そこまで積み上げた技術、体力を発揮して活動を終了する。ウチの生徒は『甲子園』というあこがれを、少なからず持っているとは思いますが、それよりも積み上げた力量を『確認の場』として位置づけている面が大きいです。1回戦レベルなのか、それ以上なのか……」 現在JavaScriptが無効になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。, 1999年から開成高を率いる青木秀憲監督は東大野球部OB。95年からは東京六大学リーグ戦の審判員として運営面でも活躍している, 緊急事態宣言の全面解除を受けて、学校教育は全国各地で段階的に再開している。 【目次】週1日2時間だけの全体練習で生まれる強さ正面衝突理論の徹底体を大きくすることで勝負できる1%でも勝つ可能性のあることをやってやる, 開成野球部の改革を始めたのは、99年に監督に就任した青木秀憲である。青木監督もまた東大出身であり、大学時代は硬式野球部に所属していた。, 「負けず嫌いなんですよね、僕自身が。だけど、大学時代、(東京六大学リーグで)中々勝てなかった。東大では、(守備・打撃・走塁も)どの練習も毎日しましたが、どのレベルも他のチームに通用しなかった。その中でも、互角に戦えると感じたのはバッティングでした」, 青木監督は、東大の大学院で4年間スポーツ科学を学ぶと、卒業後は開成中高等学校の教員に。さらに、赴任1年目から硬式野球部の監督を任された。, 負けず嫌いの青木監督の目標は、もちろん「甲子園」。東東京の強豪私学に勝つことである。, しかし、野球部の練習環境は決して恵まれているとは言い難かった。他の部活動と校庭を共有しているため、全体練習は週1回の2時間のみ。そのため、現在12月から、来年7月の東東京大会開幕日までの全体練習日を数えると、残り40回ほどしかないのだ。もちろん、雨が降れば練習は中止となり、その回数は減っていく。開成野球部にとっては、週1回の全体練習に懸ける個々の思いと、その他の曜日の過ごし方が、選手としての成長のカギを握っている。, 「うちは、練習を毎日繰り返してるわけではないので、グラウンドに来て受け身の姿勢で、なんとなく練習メニューをこなしていっても永久にうまくならないで3年間が終わってしまう。, そうではなくて、1週間に1回しか練習がないわけですから、『よし!今日の練習ではバッティングで、こんなことにこだわってやってみようかな』っていうのを考える。そのためには、練習の中で、『あ、こうやったら上手くいくんじゃないかな?』っていう仮説を立てて練習に臨むんです。, もし、それでうまくなれば仮説が正しかったので、もっと練習すればいいし、いや違うなと思えば、仮説の立て方に問題があったので、今度は違うポイントを意識して、次の全体練習に向けて(自主練習で)準備する。 それくらい『普段の全体練習での思い入れが、他のチームとは違うんだよ』っていうプライドを持ってほしい。うちはこの日しかない。今日、雨が降ったら2週間練習できないんだ。そういう危機感をもってほしいんです」, そんな青木監督の考えが浸透した代は、結果も自然とついてきた。05年夏の東東京大会5回戦進出(ベスト16)、2年後の4回戦まで進出した代もそうだった。, 週1回の全体練習という厳しい環境でありながらも、他の曜日を野球の練習ばかりに費やすことも出来ない。勉強にも、それ以上に打ち込まないといけないからだ。部員の多くは塾にも通っている。そんな中で、どう練習メニューを組めば、どんな伝え方をすれば、勝てるチームになるのだろうか?, 城西大城西vs学習院【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】, 大森学園vs都立江戸川【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】, 國學院vs都立大森【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】, 第629回 「甲子園は毎年行かなければならない」を実現するために夏連覇に挑む 益田東【後編】【野球部訪問】, 第629回 野球部は大きなファミリー!母校を率いる指揮官の熱い思い 益田東(島根)【前編】【野球部訪問】, 第599回 勝利への最短ルートは割り切ること!自分たちのできる野球をする 開成(東京)野球部訪問【後編】【野球部訪問】, 第597回 ミスして当たり前だからこそバッティング!独特のスイング軌道で革命を起こす! 開成(東京)野球部訪問【前編】【野球部訪問】, 第78回 開成(東京)「基本の大切さを考える」常に明日が大会のつもりで!【冬が僕らを強くする2019】. 開成高等学校野球部監督。論理的な練習方法で部員をまとめる。 日々彼らを鼓舞する声の技術で、より練習の効率が上がるよう努力している。 高橋秀実. 《打順を輪として考えるんです。毎回1番から始まるわけではありませんからね。ウチの場合、先頭打者が8番か9番の時がチャンスになる。一般的なセオリーでは、8番9番は打てない『下位打者』と呼ばれていますが、輪として考えれば下位も上位もありません》(同) 「予備知識はないし、大丈夫かな? という不安はあったんですけど…」 開成野球部の改革を始めたのは、99年に監督に就任した青木秀憲である。青木監督もまた東大出身であり、大学時代は硬式野球部に所属していた。 「8月で甲子園、という縛りでいくと難しかったのだと思います。この社会情勢で、できる範囲の最大限を模索した中での結論はやむを得ない、と。3年生は気の毒だと思います。心中察するに、余りあるところではある」

大学 勉強 意味ない, フリーフォント 日本語 斜体, 品川 デート キス, コールマン ヘキサタープmdx S 違い, 大東建託 苦情 紙, 韓国留学 高校生 費用, メガネ 汚れ 防止, Amazonギフト券 コンビニ ラッピング, 日立 掃除機 Pv-bc200 バッテリー, レコーダー 繋いだら テレビ 見れない, 結婚式 馴れ初め ムービー, 慰謝料 支払い能力 親, ドラマ ライフ 4話, ケニア 陸上選手 リオ, 東海道本線 新快速 大垣行き 停車駅, イラスト 線を太くする アプリ, 着信 効果音 無料, スニーカー 発送 サイズ, ポスト 表札 テプラ, ドイツ語 電子辞書 アプリ, 身勝手の極意 フィギュ アーツ レビュー, 9月 イベント 関東, 掃除機 スタンド 自作, Matlab ヒストグラム 横軸, マネーフォワード 勘定科目 削除, Canon フィルム風 設定, コナン 無料 映画, 寒川神社 七五三 食事, 手縫い ワンピース 子供, 12インチ 大きさ A4, クリスタ 教科書 おすすめ, インスタントコーヒー 賞味期限 スティック,