各人が勝手気ままに振舞うさま。 ※木乃伊の口紅(1913)〈田村俊子〉一〇「然うてんでんばらばらでは仕方がない」 出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 妄想で話を進めすぎてしまいました。, いくつか意味をしらべてみると、「予想外な出来事の為」という言葉が補足されているものを見つけました。 この標語は、1990年(平成2年)11月に岩手県下閉伊郡田老町(現・宮古市)にて開催された第1回「全国沿岸市町村津波サミット」において、津波災害史研究家である山下文男らによるパネルディスカッションから生まれた[1][2]ものであるが、三陸地方では昔から「津波起きたら命てんでんこだ」と伝えられてきたという。同様の標語に、自分の命は自分で守れという意味の「命てんでんこ」がある[2][3]。, 「てんでんこ」は、「各自」「めいめい」を意味する名詞「てんでん」に、東北方言などで見られる縮小辞「こ」が付いた言葉。すなわち、「津波てんでんこ」「命てんでんこ」をそのまま共通語に置き換えると、それぞれ「津波はめいめい」「命は各自」になる。, 「津波てんでんこ」「命てんでんこ」を防災教訓として解釈すると、それぞれ「津波が来たら、取る物も取り敢えず、肉親にも構わずに、各自てんでんばらばらに一人で高台へと逃げろ」「自分の命は自分で守れ」になるという。, また、「自分自身は助かり他人を助けられなかったとしてもそれを非難しない」という不文律でもあると言い、災害後のサバイバーズ・ギルト対策や人間関係修復の意味を言外に含むとされる。, 矢守克也は、「津波てんでんこ」は、次の4つの意味を多面的に織り込んだ重層的な用語であることを、この言葉の成立史、東日本大震災やその他の津波避難事例に関する社会調査のデータ、及び集合行動に関する研究成果をもとに明らかにした[4][5][6]。, 「てんでんこ」の語呂よい響きが手伝って、他人にかまわず逃げろという、ややショッキングなメッセージ性が強調され、利己主義だと誤解を受けやすい。, しかし、元々この言葉を防災の標語として提唱した山下文男は2008年の著作で、この言葉に「自分の命は自分で守る」ことだけでなく、「自分たちの地域は自分たちで守る」という主張も込めていると述べており、緊急時に災害弱者(子ども・老人)を手助けする方法などは、地域であらかじめの話し合って決めておくよう提案している[7]。つまり、標語の意図は「他人を置き去りにしてでも逃げよう」ということではなく、あらかじめ互いの行動をきちんと話し合っておくことで、離れ離れになった家族を探したり、とっさの判断に迷ったりして逃げ遅れるのを防ぐのが第一である。, 山下がこの言葉の理解を広めるために、津波被害の象徴的な例として挙げているものには、北海道南西沖地震(1993年)の奥尻島での津波における近藤家母子の悲劇がある。この事例では手をつないで避難していた母子3名が、途中で祖母の家に立ち寄ったため、わずかな時間差で命を落とした。その痛ましい教訓として山下が強調するのは、祖母がすでに避難していたのにも関わらず、それを知らずに尊い命を落とした点であり、母がわが子を連れ立って逃げた点ではない。「津波てんでんこ」は、災害時の行動スキームもあらかじめ考え、互いに共有しておくことを唱えた防災思想であり、「ばらばらに自分だけでも逃げる」という行為は、その意志を共有することで互いを探して共倒れすることを防ぐための約束事である。これは、自分が助かれば他人はどうなっても良いとする利己主義とはまったく異なる。, 「津波てんでんこ」がこの標語の形で古くから言い伝えられたものではないことは、山下自身が著書『津波てんでんこ』でハッキリと明言している。その経緯から、防災の意識を高めるための標語として「津波てんでんこ」という言葉が使われるようになったのは、1990年以降のことである。なお、釜石市両石町では、標語の形ではないが、「津波起きたら命てんでんこだ」と昔から伝えられてきたという[2][8]。, 1990年に岩手県田老町で開催された「全国沿岸市町村津波サミット(第一回)」において山下文男は、防災の意識に関して、次のような家族のエピソードを語った。, 山下が9歳のころ(1933年)の昭和三陸津波では、彼の父や兄弟は彼を置き去りにして逃げた(山下は末っ子)。山下の母は、後年に父親の非情さを度々なじったが、その都度、山下の父は「なに!てんでんこだ」と反論したという。著書によると、当時すでに標語や言い伝えとして「てんでんこ」という言葉が浸透していたという事実は認められていないが、山下の友人も多くは同じように置き去りにされており、集落内では「津波はまず各々が逃げることが大切」という行動規範は浸透していた。そうした点を踏まえ、山下の父の言葉は「こういうときは、みんなバラバラに逃げるものだ」と端的に述べたものと考えられる。, サミットで語った上記エピソードがとくに注目され、講演に参加した有識者ら(広井脩、阿部勝征、津村建四朗、伊藤和明、渡部偉夫)とのやりとりのなかで「津波」と「てんでんこ」を合成した「津波てんでんこ」という言葉ができた。, その後、北海道南西沖地震(1993年)や北海道十勝沖地震(2003年)などで津波の被害が出るたびに、「津波てんでんこの話が被災地にもっと普及していれば……」とマスメディアに標語が取り上げられる機会があり、しだいに昔からある言い伝えかのような誤解が広がっていくことになる。2003年9月27日の朝日新聞の社説には、「三陸沖やチリの地震で津波の被害に何度もあっている三陸地方には、津波てんでんこという言い伝えがある」とはっきり書かれ、古い言い伝えであるという印象を抱かせる内容になっている[9]。, 2011年の東日本大震災で「釜石の奇跡」と呼ばれる事例では、「津波てんでんこ」を標語に防災訓練を受けていた岩手県釜石市内の小中学生らのうち、当日学校に登校していた生徒全員が生存し、話題となった。小中学生らは、地震の直後から教師の指示を待たずに避難を開始。「津波が来るぞ、逃げるぞ」と周囲に知らせながら、保育園児のベビーカーを押し、高齢者の手を引いて高台に向かって走り続け、全員無事に避難することができた[10]。市教委は「常識ではあり得ないことが起きた訳では無く、訓練や防災教育の成果であり、実践した児童生徒自身が奇跡の意味は違うと(当初から)感じていた」と説明しており日頃の取り組みの積み重ねだった事を明かしている。市では奇跡という文言を使用せず「釜石の出来事」として扱っている[11]。, 市内の防災教育を指導し、「釜石の奇跡」の立役者となった片田敏孝教授は、「津波てんでんこ」が古い伝承だと述べているなど[12]、山下の2008年の著作は読んでいないと思われるが、その教えの内容は山下のまとめた「津波てんでんこ」の考え方と多くの共通点がある。具体的には、みずから状況判断して逃げること、災害弱者を助ける立場の者はあらかじめ明らかにしておくこと、家族はそれぞれ逃げると信じて行動することなどを指導しており[7]、標語本来の意図とかなり近い考え方をもって防災教育を実践した。, 両者の考え方で相違点を挙げるとすれば、率先して逃げる行為の捉え方がある。山下は、率先して逃げる者が避難を促すというポジティブな面を捉えてはいるが、一人でまず逃げるという行為は、最善の災害対策としてやむをえない「哀しい教え」であると評価している。しかし、片田はポジティブな捉え方を徹底している。片田は、現実にはほとんどの津波警報が杞憂に終わり、率先して逃げた者が「臆病者」というレッテルを受けやすいことを踏まえ、「それでも最初に誰かが逃げることで他者も続き、救われる命があるので、後ろ指さされる可能性を知りながら率先して逃げる者こそ本当に勇気がある者だ」という立場で教育している。釜石の奇跡においても、最初に率先して逃げ出したサッカー部の生徒を大きく評価しており、「津波てんでんこ」を行動に移す際の心理的ハードルを取り除く工夫が、山下とは異なる[13]。, 2011年に発生した東日本大震災をきっかけに再び「津波てんでんこ」という言葉がマスメディアに露出することになった。「釜石の奇跡」と呼ばれる岩手県釜石市の事例によって、「津波てんでんこ」は防災教育の標語として全国的な注目を集めた。しかし、当事者の三陸地域の人々においてすら本来の意味とは違った「利己主義的な発想」との誤解が蔓延している状況がある[14][15]。, 2014年度のインターネットを通じた全国調査(767人が回答)では、約7割が「津波てんでんこ」という言葉を聞いたことがないと答えた。さらに聞いたことがないと回答をした者に「津波てんでんこ」に賛同するか否かを尋ねると、約7割が賛同しないと回答した[16]。, 第8回 本の万華鏡 津波―記録と文学― 第1章 津波の記録―明治三陸地震津波と昭和三陸沖地震― 第3節 震災当時の記録をもとに作られた資料 17) 近代日本津波誌:写真資料/山下文男編著[東京, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=津波てんでんこ&oldid=74298281, 自助原則の強調(「自分の命は自分で守る」)津波から助かるため、人のことは構わずに、てんでんばらばらに素早く逃げる。, 他者避難の促進(「我がためのみにあらず」)素早く逃げる人々が周囲に目撃されることで、逃げない人々に避難を促す。, 相互信頼の事前醸成  大切な他者と事前に「津波の時はてんでんこをしよう」と約束し、信頼しあう関係を深める。, 生存者の自責感の低減(亡くなった人からのメッセージ)大切な他者とてんでんこを約束しておけば、「約束しておいたから仕方がない」と罪悪感が減る。. この言葉で私は、「天や、椀や」と予想してみました。 てんてこ舞い(てんてこまい), どんちゃん騒ぎ(どんちゃんさわぎ), きりきり舞い(きりきりまい). 使い方としては、最近沢山の仕事が入ってきて会社はてんてこまいだ、といった感じです。 獅子文六の新聞小説『てんやわんや』(1948å¹´12月~49å¹´4月)によって流行した語だが、俗語としては江戸時代から見られる。. 今回はそんな「てんやわんや」の意味について紹介していきます。, てんやわんやには「大勢の人が騒ぎ、ごった返すさま」という意味があります。 また「散り散り」が集まっていたものがあちこちに離れてしまう、というニュアンスであるのに対し、「バラバラ」はひとまとまりのものが壊れたり崩れたりして離れた個々のものになる、というニュアンスを含みます。 年齢:70年代生まれ 乱すること。, 「てんでん」と「わや」の合成語とする説が有力である。 お昼時の定食やさんで、天ぷらやら丼物やら汁のお椀やらがカウンターに所狭しと並べられ、たくさんの土方の人々が列をなして、「あーだ、こーだ。」と店員に注文をつける。 意味は大勢の人が自分勝手にふるまい、混乱すること。 「てんでん」は「手に手に」もしくは「手々」が転じ「各自」「銘々」の意味になった語で、「各自が思い思いの行動をする」意味の「てんでんばらばら」に使われる。 」, gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。, 著:ストリンドベリアウグスト 訳:有島武郎「真夏の夢 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 状況が容易に想像できます。 「わや」は、「無理」「無茶」を意味する関西の方言で、その「わや」が「わんや」となり、「わんや」に語調を合わせる為に「てんでん」が「てんや」になったと考えられています。 流行ったのが昭和ということもあり、全くではありませんが今日常生活の中で聞くことは少なくなりました。 その2年後小説は映画化もされ、「てんやわんや」は流行語となったのです。 「てんでん」は「手に手に」が転じたもので、「各自」「めいめい」という意味です。「ツアー客がてんでんばらばらに行動するので、添乗員は頭を抱えていた」などと使います。. • つまり、『てんでんこ』の意味するところは、いざとい うときにてんでばらばらに避難することができるように 、日頃から家族で津波避難の方法を相談しておき、「も し家族が別々の場所にいるときに津波が襲来しても、そ てんやわんやとおなじ「てん」から始まる類義語「てんてこまい」についても紹介します。 」, 検索ランキング 「わや」は「無理」「無茶」を意味する関西方言で、「わや」が「わんや」となり、それに語調を合わせる形で「てんでん」が「てんや」となったと考えられる。 失礼しました。 写真参照 【例文】, 「バラバラ」には副詞的な使い方もあります。「比較的大きな粒状のものが散らばりながら落ちる音やその様子」もしくは「大勢の人がまとまりなく動く様子」を意味します。 「てんやわんや」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「てんやわんや」の意味や使い方について解説していきます。, 皆さんは「てんやわんや」という言葉の意味を知っていますか? なるほどですね。言われてみれば、言葉自体に関西の雰囲気がただよっています。 このてんやわんやと言う言葉、「てんでん+わや」の2つの言葉からできたという説が有り、最も有力とされています。 」, 宮本百合子「あとがき(『二つの庭』) 」, ・・・渦巻き、矛盾や独断がてんでんばらばらにそれみずからを主張しながら、伸子の生活・・・ 宮本百合子「あとがき(『二つの庭』) 分かりやすい言葉に置き換えると、「てんでんばらばら」 「てんでん」とは「てんでんばらばら」といった言葉に使われる「てんでん」で、「各自」の意味を持ちます。 「てんでんばらばら」とは 「てんでん」は「手に手に」が転じたもので、「各自」「めいめい」という意味です。 「ツアー客がてんでんばらばらに行動するので、添乗員は頭を抱えていた」などと使います。 俺は大盛だ、こっちは味薄めだ、あいつは玉ねぎ抜きだなーんて。 」, 太宰治「春の盗賊 この言葉が世間に知られたのは昭和23年(1948年)で、獅子文六という小説家が毎日新聞に「てんやわんや」というタイトルの連載小説を掲載した事がきっかけです。 「てんてこ」というのは、祭囃子などで使う小太鼓の音、もしくはこの音に合わせた舞いのことを指します。 銘々がワヤワヤと騒いだり、我先に行こうと「わいやわいや」と叫ぶ姿は、てんやわんやとなった光景からも想像ができ、捨てがたい説である。 「てんでん」は「手に手に」もしくは「手々」といった意味から、転じて「各自」「銘々」という意味になった言葉だそうです。 分かりやすい言葉に置き換えると、「てんでんばらばら」 意味は、「各自が思い思いの行動をする。 」, ・・・、その数百の猟犬は、てんでんばらばら、猟服美々しく着飾った若・・・ 太宰治「春の盗賊 「パラパラ」は「バラバラ」に比べて、軽くて数が少なく連続的な様子で降る、ということです。塩やコショウのような小さくて軽いものも「パラパラふりかける」と言いますね。 「離れ離れ」は、「家族と離れ離れになる」のように、主として人間や動物などが互いに距離を隔ててしまう様子を表します。これに対し「散り散り」「バラバラ」は、人だけでなく物に対しても用いられます。 その他、「わんや」にはワイワイと騒ぐ意味の「ワヤワヤ」や、主に関西で「私」を意味する「わい」を語源とする説もある。 今ではあまり使われなくなりましたが、機会があれば使ってみてくださいね。, 「叡智」という言葉の意味を解説していきます。よく耳にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「叡智」の意味や使い方、英語などを解説していきます。, 「学歴フィルター」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「学歴フィルター」の意味や使い方について解説していきます。, 「就職浪人」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「就職浪人」の意味や使い方について解説していきます。, 「仮面浪人」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「仮面浪人」の意味や使い方について解説していきます。, 「ラノベ」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「ラノベ」の意味や使い方について解説していきます。, 「ハモる」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「ハモる」の意味や使い方について解説していきます。, 「ゲスい」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「ゲスい」の意味や使い方について解説していきます。, 「花金」という言葉の意味を解説していきます。昔よく使われ、一度死語になった言葉ですが、最近若者の間でネット上で再び使われるようになった言葉のため覚えておくとよいでしょう。今回は「花金」の意味や使い方について解説していきます。, 「申し受ける」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「申し受ける」の意味や使い方について解説していきます。, 「この場を借りて」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「この場を借りて」の意味や使い方について解説していきます。, 「了見が狭い」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「了見が狭い」の意味や使い方について解説していきます。, 「まごうことなき」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「まごうことなき」の意味や使い方について解説していきます。, 「間男」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「間男」の意味や使い方について解説していきます。, 「陞爵」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「陞爵」の意味や使い方について解説していきます。, 「審美眼」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「審美眼」の意味や使い方について解説していきます。, 「理念」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「理念」の意味や使い方について解説していきます。, 「更新」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「更新」の意味や使い方について解説していきます。, 「係る」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「係る」の意味や使い方について解説していきます。, 「俯瞰」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「俯瞰」の意味や使い方について解説していきます。, 「ビヨンド」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「ビヨンド」の意味や使い方について解説していきます。, 「千代に八千代に」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「千代に八千代に」の意味や使い方について解説していきます。, 「楔」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「楔」の意味や使い方について解説していきます。, 「謹製」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「謹製」の意味や使い方について解説していきます。, 「たしなめる」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「たしなめる」の意味や使い方について解説していきます。, 「ゲラ」という言葉の意味を解説していきます。関西の人とSNSでやりとりをしたり、会話する際、出版、印刷業界の方と仕事をする際に聞くことが多い言葉のため覚えておくと便利です。今回は「ゲラ」の意味や使い方について解説していきます。, 「疎遠」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「疎遠」の意味や使い方について解説していきます。, 「いやはや」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「いやはや」の意味や使い方について解説していきます。, 「時系列」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「時系列」の意味や使い方について解説していきます。, 「名伯楽」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「名伯楽」の意味や使い方について解説していきます。, 「天賦の才」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「天賦の才」の意味や使い方について解説していきます。, 「恋焦がれる」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「恋焦がれる」の意味や使い方について解説していきます。, 「昇華」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「昇華」の意味や使い方について解説していきます。, 「醸成」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「醸成」の意味や使い方について解説していきます。, 「結果論」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「結果論」の意味や使い方について解説していきます。, 「蝉時雨」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「蝉時雨」の意味や使い方について解説していきます。, 「おんぶにだっこ」という言葉の意味を解説していきます。ネット上でよく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「おんぶにだっこ」の意味や使い方について解説していきます。. 津波てんでんことは何か. 「てんでん」とは「てんでんばらばら」といった言葉に使われる「てんでん」で、「各自」の意味を持ちます。 「わや」は、「無理」「無茶」を意味する関西の方言で、その「わや」が「わんや」となり、「わんや」に語調を合わせる為に「てんでん」が「てんや」になったと考えられています。 アクセントが違うと意味も変わってきますので、注意が必要ですね。, 「服装がバラバラだ」「意見がバラバラだ」のように、「統一性がない」という意味の「バラバラ」の類語は以下のようなものがあげられます。, 「バラバラ」「離れ離れ」「散り散り」は、「ひとまとまりのものが別々になる」という共通の意味を持ちます。しかし、少しずつニュアンスの違いがあります。 Copyright ©2003-myDate = new Date();myYear = myDate.getFullYear();document.write(myYear); 語源由来辞典 All Rights Reserved. てんやわんやは二つの言葉、「てんでん」と「わや」の合成語であるという説が有力とされているようです。 てんてこまいは「てんてこ+舞い」という2つの言葉からできています。 今日は「てんやわんや」調べてみましょう。, てんやわんやの由来 言葉の由来を調べています。言語学者とか研究家ではありません。 「津波てんでんこ」「命てんでんこ」を 防災 教訓として解釈すると、それぞれ「 津波が来たら、取る物も取り敢えず、肉親にも構わずに、各自てんでんばらばらに一人で高台へと逃げろ 」「 自分の命は自分で守れ 」になるという。 • つまり、『てんでんこ』の意味するところは、いざとい うときにてんでばらばらに避難することができるように 、日頃から家族で津波避難の方法を相談しておき、「も し家族が別々の場所にいるときに津波が襲来しても、そ お笑いにもいそう・・と調べてみたらいらっしゃいました。 そもそも津波てんでんことは何かをひとことで言うと、今までに津波被害を何度も受けてきた東北の三陸地方に伝わる災害教訓であり、津波から逃げる時には各自がてんでバラバラに逃げろという意味です。 獅子てんや・瀬戸わんや(しし てんや・せと わんや)、略称:てんやわんや, You may use these HTML tags and attributes:

, 居住地域:北関東 【例文】, 「ブレスレットが切れてビーズがバラバラになった」のように、「分散する」という意味で使われる場合、アクセントは「バラバラ」と「バ」だけ低くなる平板型となります。 昼の定食やなどは、「予想外」ではないので・・なさそうですね。汗 「てんでん」は「手に手に」もしくは「手々」が転じ「各自」「銘々」の意味になった語で、「各自が思い思いの行動をする」意味の「てんでんばらばら」に使われる。 意味は、「各自が思い思いの行動をする。」これなら我々にも親しみのある言葉ですね。, 「わや」は関西方言だそうで、意味は「無理」とか「無茶」とか。 「てんてこまい」は「休む暇もなく、忙しく動き回ること」という意味を持っています。 知ってはいるけど、いざ意味となると頭を悩ませる人もいるかと思います。 一方「あられがバラバラと降り始めた」のように「大きな粒状のものが落ちる音や様子」を表す副詞的な使い方の場合、アクセントは「バラバラ(と)」と「バ」だけ高くなる頭高型となります。 てんでんばらばらとは。意味や解説、類語。[形動]各人の考えや行動が統一を欠くさま。てんでばらばら。「てんでんばらばらなことをいう」「てんでんばらばらに帰る」 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。 いずれにしても、西のほうから発生したことに違いはなさそうですね。 「てんでん」と「わや」の合成語とする説が有力である。 「てんでん」は「手に手に」もしくは「手々」が転じ「各自」「銘々」の意味になった語で、「各自が思い思いの行動をする」意味の「てんでんばらばら」に使われる。 デジタル大辞泉 - てんでんの用語解説 - 《「手に手に」または「手手」の音変化か》1 各自。めいめい。「てんでんが好き勝手にやっている」2 その人自身。自分。「おれがことを古狸(ふるだのき)だといふけれど、―は狼(おほかめ)だあ」〈滑・浮世風呂・二〉 他の説としては、「わんや」にはワイワイと騒ぐ意味の「ワヤワヤ」や、関西で「私」を意味する「わい」を語源とするというものもあるそうです。 「てんでん」は「手に手に」もしくは「手々」といった意味から、転じて「各自」「銘々」という意味になった言葉だそうです。 (10/17更新). 「家族がバラバラになった」「年齢も国籍もバラバラだ」「バラバラあられが降って来た」。よく耳にする「バラバラ」という言葉ですが、これらの例文の「バラバラ」は少しずつ意味や使い方が違います。ここでは改めて「バラバラ」の意味や使い方を類語を含めてご紹介します。, 「バラバラ」には、形容動詞的な使い方と副詞的な使い方があります。以下ではそれぞれについて意味と使い方をご紹介します。, 「バラバラ」は、「まとまっていたものや一体であるべきものがあちこちに分散する」「不統一である」という意味です。 また他には「ハラハラ」という表現もあります。これは「桜がハラハラ散る」「ハラハラと涙をこぼした」のように、木の葉や花びらと言ったうすいものが落ちたり、涙やしずくなどが続けて落ちる様子を表す際に用いられます。, 「てんでんばらばら」とは、一人一人が勝手気ままなことをして、まとまりのない様子を表します。 てんでんばらばら 「てんでんばらばら」の意味は「それぞれが思い思いに行動するさま」です。 まとまりがないことを表しています。 「ん」を略して「てんでばらばら」と言われることもありま … 例えば、あるケーキ屋さんに突然大量オーダーが入り、店中の人達がてんやわんやしている、といった使い方です。 ただの一般人です。記事は仕事の合間に書いてます。. 趣味:釣り、散策 その舞いが慌ただしいことから、「てんてこまい」は「忙しく慌ただしい」という意味になったのです。, 「てんやわんや」は人々が混乱し動き回る時などに使われます。 そのため「車との接触事故で大切な自転車がバラバラになってしまった」という文の「バラバラ」を「離れ離れ」「散り散り」で置き換えることはできません。, 「バラバラ」に表記が近い言葉として「パラパラ」があります。皆さんは、「バラバラ降る」「パラパラ降る」と聞いたら、どんな違いを感じるでしょうか。 「バラバラ降る」は、大粒の雨やあられ、石などが音を立てて続けざまに降る様子を表します。一方の「パラパラ降る」は、大粒ではない雨が少しずつまばらに降る様子を表します。 「わや」が「わんや」となったことで、そこに語調を合わせるように「てんでん」が「てんや」になったそうです。 「てんやわんや」 の由来についてまとめたエッセイです。由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。. ・・・えるとともに馬どもはてんでんばらばらにどこかに行ってしまって、四囲は元の静け・・・ 著:ストリンドベリアウグスト 訳:有島武郎「真夏の夢

鬼 滅 色塗り, ダイナブック T45 起動しない, Css 背景 2色 斜め, I'm Longing 意味, 豆乳 シフォンケーキ 炊飯器, なごみ 徳島 介護, フロントフォークオイル漏れ 見分け 方, ハリポタ 組み分け 診断 公式, 餃子 最強 レシピ,